店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2019年03月04日 17時00分 公開

SBペイメントサービスの店舗向け決済が「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応

SBペイメントサービスの提供する店舗向け決済サービスが、3月4日から「d払い」「楽天ペイ(アプリ決済)」「LINE Pay」「Origami Pay」に対応。これにより、店舗向けQRコード決済アプリ「S!Can」やマルチ決済端末「VEGA3000」をはじめ、QRコード決済端末「SUNMI」やAPI方式の導入で複数のQRコード決済を簡単に導入することができるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 SBペイメントサービスの提供する店舗向け決済サービスが、「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」へ対応した。

Photo 「d払い」「楽天ペイ」「LINE Pay」「Origami Pay」へ対応

 これにより、対応済みの「PayPay」「銀聯QR」「Alipay」「WeChat Pay」を含め、多様なQRコード決済に対応。店舗を運営する事業者は、同社の店舗向けQRコード決済アプリ「S!Can」やマルチ決済端末「VEGA3000」などを使ってこれらの決済サービスを簡単に導入できるようになる。

Photo 店舗向け決済サービス(「LP-PCR2.1 BT」はクレジットカード決済のみ対応)

 また、QRコード決済に特化した専用端末「SUNMI(サンミ)」と、APIを使ったコード決済システムをラインアップに追加。「SUNMI」はAndroid端末とレシートプリンタが一体となったQRコード決済端末で、QRコード決済アプリ「S!can」をプリインストール。API方式では、既存のレジ(POS)システムと同社の決済システムを直接接続可能で、レジのコードリーダーで利用者のQRコードを読み込めば金額と決済データが自動連携されて支払いが完了する。

 同社は3月5日〜8日までの期間、東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN 2019」に出展。会場では店舗向け決済サービスの全ラインアップを展示し、実際に決済を体験することが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう