今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年01月25日 19時02分 公開

コナミとセガ、アミューズメント施設でQRコード決済を導入

コナミアミューズメントは、セガ・インタラクティブと共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスがQRコード決済へ対応すると発表した。第1弾として2019年春に「Alipay」「WeChat Pay」、2019年夏以降に「楽天ペイ(アプリ決済)」「d払い」「LINE Pay」「PayPay」といった国内サービスにも順次対応する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 コナミアミューズメントは、1月25日にセガ・インタラクティブと共同展開するアミューズメント向けマルチ電子マネーサービスがQRコード決済へ対応すると発表した。

 本サービスには、TFペイメントサービスのクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」を採用。プラットフォームが新たにQRコード決済にも対応することに合わせ、サービス内でもQRコード決済が可能となった。

 「Thincacloud」ではクラウド上で決済処理を行うため、店舗側が表示したQRコードを消費者が読み取る「店舗掲示型(読み取り支払い)」と、消費者が提示したQRコードを店舗側が読み取る「消費者提示型(コード支払い)」の両方式へ対応可能。本サービスでは「店舗掲示型(読み取り支払い)」を使用し、店舗側は追加の設備投資や機器の取り外しなどを必要とせずソフトウェアのアップデートだけで対応できる。

 2019年春には中国で多く利用されている「Alipay(アリペイ)」、コミュニケーションアプリ「WeChat(ウィーチャット)」内で提供される決済サービス「WeChat Pay(ウィーチャット ペイ)」に対応。2019年夏以降には「楽天ペイ(アプリ決済)」「d払い」「LINE Pay」「PayPay」といった国内のQRコード決済サービスにも順次対応する予定だ。

Photo アミューズメント機器での利用イメージ
Photo対応予定のQRコード決済ブランド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう