ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「WeChat」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「WeChat」に関する情報が集まったページです。

POSレジシステム「パワクラ」、国内外10種類のスマホ決済に対応
タスネットが提供する小売店・アパレル向けクラウド型POSレジ「パワクラ」が、国内外10種類のスマホ決済に対応。「PayPay」ほか国内の主要サービスや、「WeChat Pay」「Alipay」「VIA」も利用できるようになる。(2019/10/9)

海外向け販売促進を支援:
アライドアーキテクツが「多言語対応サイト制作パッケージサービス」を提供開始
中国語サイトには在日中国人の口コミを掲載可能。(2019/9/30)

セブン-イレブン、10月から「au PAY」「d払い」など4種のスマホ決済を導入
セブン-イレブンが10月から、「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」を導入する。すでに「PayPay」「メルペイ」などに対応しており、10月以降に利用できるスマホ決済サービスは計9種類になる。同チェーン限定のキャンペーンなども行っていくという。(2019/9/9)

セブン-イレブンが「楽天ペイ」「d払い」など4社の決済サービスを導入 10月1日から
10月1日から、全国のセブン-イレブン2万1034店舗で「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」が使えるようになる。スマートフォンの画面に表示されるバーコードを店員に読み取ってもらうことで支払いが可能。セブン‐イレブンによる大々的なキャンペーンは予定していない。(2019/9/9)

サミット、9月1日から全店舗でQRコード決済が利用可能に
サミットは、9月1日から全店舗でQRコード決済サービスを開始。 対応ペイメントは「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」「LINE Pay」「PayPay」「メルペイ」で、8月19日に一部店舗で先行導入している。(2019/8/29)

「横山三国志」の聖地危機 再興なるか
 子供たちを歴史好きに誘う横山光輝氏の名作漫画「三国志」。JR駅からやや離れた立地や一般への認知度不足から来館者は伸び悩んでいるものの、本家・中国の博物館と交流するなどファンには“聖地”として知られる。(2019/8/14)

LINE Pay、WeChat Payと連携開始 訪日外国人向け
LINE Payは8月9日、中国コード決済サービス「WeChat Pay」との連携を開始した。WeChat Payユーザーは日本国内のLINE Pay加盟店に掲示されたQRコードをWeChat Payで読み込むことで決済ができるようになった。LINE Payはインバウンド対応をさらに強化する狙いだ。(2019/8/9)

仮想通貨の回復始まる 各取引所も黒字化
1年間の低迷を経て、じわじわと仮想通貨市場が回復し始めている。4月から上昇が始まり、3カ月で総時価総額は2.4倍に増加した。価格上昇に伴い、国内の仮想通貨取引所も活況を呈し始めている。(2019/8/8)

日本で使える中国のコード決済サービス、為替変動のリスクは? 決済サービス乱立の先に
中国のコード決済サービスが使える場所が増えている。どのような仕組みで導入が進んでいるのか。決済サービスが乱立した中国はその後、どのような道をたどったのか?(2019/8/8)

伝説の「中の人」が集結:
サントリー、ローソン、シャープ 公式アカウント担当者が本音で語るソーシャルメディア
企業はソーシャルメディアとどう向き合うべきなのか。あらためて考える。(2019/8/5)

大庄の「庄や」や「カラオケファンタジー」でLINE PayとPayPay利用可能に
大庄は22日、同社が展開する大衆酒場の「庄や」や「カラオケファンタジー」98店舗に、コード決済サービス「LINE Pay」と「PayPay」を導入。このうち59店舗には、中国の「WeChatPay」と「Alipay」を導入した。(2019/7/23)

“全部入り”スマホ「ZenFone 6」開発ストーリー 「万人向けの電話機を作りたいわけではない」
ASUSの新たなフラグシップスマホ「ZenFone 6」は、フリップ式のカメラを搭載した、意欲的なモデルだ。単にスペックが高いだけでなく、他のハイエンド機では省かれがちな仕様もきっちりサポートしている。そんなZenFone 6の狙いについて、ASUS本社で聞いた。(2019/7/23)

コンビニのコード決済はどこがお得? 独自サービスやキャンペーンまとめ
スマートフォンのコード決済は、コンビニエンスストアでの採用が増えている。独自のコード決済サービスを提供するところも出てきた。現在実施しているキャンペーンも含め、どこがお得なのかを見ていこう。(2019/7/19)

QRコードで切符を買える JR西日本、券売機で対応 20年春から訪日客向けに
関空特急「はるか」の主要停車駅などで。(2019/7/17)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
7pay騒動から見えた、モバイル決済の懸念 生き残るために必要なものとは?
不正利用が発覚した「7pay」の問題が収束する気配が見えない。セブン社内でも混乱が続いているようで、セキュリティ対策と顧客サポートの両面で手が回っていない印象を受ける。この7payを含む「コンビニPay」と、銀行が提供する「銀行Pay」を含めた、モバイル決済全体の課題を整理する。(2019/7/17)

五輪前に急拡大のキャッシュレス決済 業者乱立にリスクも
政府の推進策に加え、2020年東京五輪・パラリンピックに向け急増する訪日客を取り込む動きが活発化したことで、決済手段や業者が乱立。(2019/7/16)

7Pay事件 中国サイバー組織関与か たばこ転売ルート重点捜査へ
「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、不正決済が疑われる被害が東京都内の複数店舗で確認され、いずれも電子たばこカートリッジのみが購入されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。詐欺未遂容疑で中国人の男2人が逮捕されてから1週間。警視庁は大量購入者や犯行グループの転売ルートについて重点捜査を進めている。(2019/7/12)

東横インで「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」が利用可能に
東横インは、楽天ペイ、LINE Pay、d払いを国内ホテルに導入した。海外のホテルは対象外。(2019/7/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
腕時計型スマートフォン? 4型のスマートウォッチ「Nubia α」は操作が楽しい
Nubiaのスマートウォッチ「Nubia α」は今までのスマートウォッチにはない快適な操作ができます。4型(960×192ピクセル)の長いディスプレイが大きな特徴。このディスプレイはベルト部分にまで伸びており、ある程度曲げることも可能です。(2019/7/9)

東急ハンズ、「PayPay」「LINE Pay」など7種のスマホ決済を一挙導入
東急ハンズが「PayPay」「LINE Pay」など計7種類のモバイル決済サービスを導入すると発表。対象は、全国の東急ハンズ29店舗、ハンズ ビー16店舗。9日から使えるようにし、他の店舗にも順次拡大する。(2019/7/8)

7pay不正容疑者「7、8人の名義使った」
「7pay」の不正使用事件で、警視庁新宿署に詐欺未遂容疑で逮捕された中国籍の張升(ジャンション)容疑者(22)=住所、職業不詳=が「7、8人の名義のIDとパスワードを使った」と供述していることが5日、同署への取材で分かった。(2019/7/8)

7pay不正利用、「微信」で指示か 詐欺未遂で中国籍の男2人逮捕
「7pay」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして詐欺未遂容疑で、中国人の男2人が逮捕された事件で、2人はいずれも中国で普及している通信アプリ「微信」(WeChat)を通じて犯行の指示を受けていたことが5日、警視庁新宿署への取材で分かった。同署は、国際的な犯罪組織が関与した可能性もあるとみて、実態解明を進める。(2019/7/5)

ミニストップで「ゆうちょPay」が利用可能に 7月1日から
各種コード決済の導入を進めているミニストップが、「ゆうちょPay」に対応。ゆうちょ銀行の口座を持っているユーザーは注目だ。(2019/6/28)

コンビニがけん引するキャッシュレス決済 5カ月で3倍に
スマートフォンを使ったキャッシュレス決済の利用先として、コンビニが5カ月前の3倍に伸びている。スマートフォン決済利用者のうちコンビニでの利用は73%に達した。(2019/6/27)

PayPay、LINE Pay、メルペイが3社合同でセブン-イレブン20%還元キャンペーン
第1弾を7月に、第2弾を8月に予定しているとのこと。(2019/6/24)

Smart Sensing 2019:
ラズパイ+拡張ボードでLoRaWANが安価に構築できる
アールエスコンポーネンツは「Smart Sensing 2019」(2019年6月5〜7日、東京ビッグサイト)で、「Raspberry Pi(ラズパイ)」用拡張ボードとして、LoRAWANの無線通信が可能になる「LoRa/GPS HAT」などを展示した。【訂正あり】(2019/6/17)

モバイル決済で店舗改革:
クレカからコード決済まで 店舗が効率よくキャッシュレス対応する方法
「店舗のキャッシュレス対応」と一口にいっても、「決済サービスが多い」ことは課題の1つだ。モバイルPOSやマルチ決済サービスを使えば、1つのソリューションで複数の決済に対応できる。最近話題のコード決済も、スマホ1台で対応できるものもある。(2019/5/29)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
QRかICカードか? 交通系チケットシステムを巡る世界の最新事情
廉価版「Suica」のシステムを外販し、海外展開や交通系ICカードシステムの日本全国への普及を目指す計画の可能性が報じられている。一方、地域交通でQRコードを使う取り組みも進みつつある。世界の交通系システム事情も交え、交通系チケットシステムの現状を解説する。(2019/5/24)

セブン-イレブンが7月1日から「7pay」に対応 「PayPay」など5社のコード決済も受け入れ開始
セブン‐イレブン・ジャパンが、セブン&アイグループ独自のコード決済サービス「7pay」に対応。同時に「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」「Alipay」「WeChat Pay」も利用可能とする。(2019/5/21)

セブン-イレブン、「7pay」を7月1日に開始 PayPay、メルペイ、LINE Pay支払いも可能に
独自サービスに加え、5社のバーコード決済にも対応します。(2019/5/21)

セブン-イレブン、コード決済に対応 PayPayやLINE Payなど5社と独自の「7Pay」
全国のセブン-イレブン店舗で7月1日から、バーコード決済サービスに対応する。独自の「7pay」(セブンペイ)に加え、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の国内3社、「アリペイ」(Alipay)、「WeChat Pay」の海外2社を加えた5社のサービスが利用できるようになる。(2019/5/21)

千葉・星虹保育園でQRコード決済が可能に、職員の負担軽減も見込む
NIPPON Platformと社会福祉法人ありがとうは、事業連携協定を締結。これにより、ありがとうが運営する星虹保育園、星虹第二保育園でスマートフォンを使ったQRコード決済が可能となる。既にクレジットカードによる支払いも行っており、キャッシュレス決済がさらに保育園職員の負担軽減になると見込んでいる。(2019/5/20)

1つのコードで5種類のコード決済に対応、「クラウドペイ」開始 d払いやLINE Pay、Alipayなど
1つのQRコードを店頭に設置すれば、d払い、Alipay、WeChat Pay、メルペイ、LINE Payの5種類のコード決済サービスに対応させられるQRコード決済ソリューション「クラウドペイ」がスタートした。(2019/5/20)

d払い、LINE Pay、メルペイがQRコードを共通化 店舗の負担軽減
お店は1つのQRコードを掲示すれば5社のサービスに対応できます。(2019/5/16)

リクルート「Airペイ」がPayPay対応
店舗向け決済サービス「Airペイ」がPayPayに対応。導入店舗はPayPayなどを含む全26種類のキャッシュレス決済方法を、顧客に提供できるようになる。(2019/5/10)

PayPay、5月下旬からタクシー配車プラットフォーム「DiDi」で利用可能に
スマホ決済サービス「PayPay」が、タクシー配車プラットフォーム「DiDi」を導入したタクシーで利用可能に。配車予約をする際の支払い手段に「PayPay」を選択すると、目的地に到着した時点で自動的に決済が完了する。6月中旬以降のタイミングでサービス開始記念の共同キャンペーンも実施する予定だ。(2019/4/24)

レンタルWi-Fiにはない「圧倒的な利便性」 海外SIMに注力するアイツーの戦略
アイツーは、自社ブランドの「トラベルSIM anyware」や「トラベルe-sim」に加え、「GigSky」も取り扱うなど、多彩なバリエーションの海外用SIMカードを販売している。なぜ海外用SIMカードに着目したのか? ローミング専用SIMカードの現状をアイツーのJag山本氏に聞いた。(2019/4/24)

割り勘、お布施、災害義援金の支払いまで:
「キャッシュレス大国」中国の実相――“信用経済”の深い影
「買う」「食べる」「移動する」「遊ぶ」――。全てモバイル決済で済ませる「キャッシュレス大国」中国の驚くべき実態に迫る。(2019/4/22)

モバイル決済で店舗改革:
キャッシュレス決済もOK、補助金も受けられるモバイルPOSは? 主要サービスを紹介
個人店や小規模店舗であればmPOSの導入が効果的であり、mPOSサービス各社は決済サービスへの登録申請も代行してくれる。消費税増税に伴う軽減税率対策の補助金を受けるには、指定のレジを購入する必要がある。ここでは、軽減税率対策補助金に対応した主要なmPOSサービスを紹介したい。(2019/4/18)

大阪で“ヤミ民泊”4200件撃退! 悪質業者と闘い続ける「撲滅チーム」の正体
東京に比べて家賃が安いことや、観光地が多いことから、大阪は営業許可がないまま客を泊める“ヤミ民泊”の温床になっている。この事態を改善するため、大阪市は警察OBなど約70人を集めた「違法民泊撲滅チーム」を昨夏に立ち上げた。今回は、同チームの現地調査に同行取材を実施。現状について、トップへのインタビューも行った。(2019/4/17)

KAZUNAの「eTalk 5」が中国系コード決済レジ機能を追加 ビジネス向けにソフト更新で
TAKUMI JAPANが展開する「KAZUNA」ブランド。その第1弾製品として登場した翻訳デバイス「eTalk 5」がビジネス(法人)展開を強化する。その一環として、ソフトウェア更新で「Alipay」「WeChat Pay」の決済レジ機能を実装する。(2019/4/16)

「スマレジ」が主要6ブランドのコード決済に対応 PayPayやLINE Payなど
クラウドPOSレジ「スマレジ」は、4月10日に主要6ブランドのバーコード・QRコード決済対応について発表した。WeChat Pay、ALIPAY、d払い、PayPay、LINE Pay、楽天ペイを導入し、バーコード画面読み取り時にブランドの選択は不要。月額利用料のプランから利用でき、別途ネットスターズとの契約とコードを読み取るためのバーコードリーダーが必要となる。(2019/4/10)

「ぐるなびPay」が決済手段を拡大、SuicaやPayPayなど14ブランドを導入
ぐるなびは、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」へ電子マネー・QRコード決済の全14ブランドを導入。電子マネー決済「Kitaca」「Suica」や、QRコード決済「d払い」「PayPay」などに対応する。(2019/3/28)

Web開発の知識やスキルはそのまま生かせる:
PR:「金融系だからといって特別なハードルはない」、Web系エンジニアが感じたLINEのFinTechサービス開発の魅力とは
FinTechサービスの拡充を進めるLINE。サービスを開発しているWeb系エンジニアは、知見も経験もない中で金融という領域に対してどのように向き合っているのだろうか。また、LINE Financialのエンジニアには、どのようなスキルが求められるのだろうか。(2019/3/25)

中国のバーチャルアイドル「リブドル!」日本上陸 ビリビリ動画で活動、WeChatでファン投票
中国のバーチャルアイドルプロジェクト「ReVdol!-VIRTUAL IDOLS NEXT TO YOU-」の日本展開が始まった。ビリビリ動画やWeChatを活用してファンを集め、投票制で勝ち残るキャラクターを決めるファン参加型のプロジェクト。(2019/3/20)

店舗向け決済サービス「ぐるなびPay」に「楽天ペイ」を導入
ぐるなびは、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」へ「楽天ペイ(アプリ決済)」の導入を決定。既に各種カード決済や中国のQRコード決済「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」にも対応し、国内QRコード決済は初となる。これにより、ぐるなびネット予約などで貯めた楽天スーパーポイントを飲食店の支払いで利用することが可能となる。(2019/3/13)

日中メディアから批判受け?:
日本でお花見したい中国人客、実はマナーを気にするように? SNS分析で判明
中国人訪日客に人気の「お花見」。彼らがマナーについて強く気にしているというデータが。中国向けSNSなどのつぶやきから分析した。(2019/3/12)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
そのキャッシュレス、本当にスマホやQRが必要ですか?
参入障壁の低さから、コード決済が乱立する日本。だが、スムーズな決済をする上で、本当にスマホやコード決済が必要なのかは疑問だ。真に重要なのは「ユーザー体験」だと考える。(2019/3/9)

イケアでコード払いが可能に LINE Payで10%オフキャンペーンも
全国のイケアストアが、「LINE Pay」「Alipay」「WeChat Pay」といったQRコードでの支払いに対応。これを記念し、3月8日からLINE Pay利用で10%オフクーポンがもらえる「100万人にイケアストアで使える10%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」も行う。有効期間は3月17日までとなり、100万ダウンロードに達した時点で終了する。(2019/3/7)

爆買から一転:
中国人旅行者はなぜ青森と佐賀に殺到するのか?
「爆買」のイメージの強い中国人観光客だが、実は都市部で買物をするための訪日は減ってきており、別の地域の人気が高まっている。特に中国人が注目しているのが青森と佐賀だ。その理由は?(2019/3/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。