店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2019年02月04日 18時57分 公開

DNPとJCBが提携 基盤開発でコード決済の標準化を推進

大日本印刷とジェーシービーは、2月4日にQR/バーコード決済サービスの連携を発表。簡単に実装できるモバイルQR/バーコード決済基盤の開発に着手し、各種事業者のキャッシュレス導入を支援する。第1弾としてプリペイドカードのスキームをベースとした統一技術仕様QR/バーコード決済サービスおよび銀行口座からのチャージを2019年夏頃に開始する予定。

[エースラッシュ,ITmedia]

 大日本印刷(DNP)とジェーシービー(JCB)は、2月4日にQR/バーコード決済サービスの連携について発表した。

Photo モバイルQR/バーコード決済基盤のイメージ

 各企業が展開するアプリに対し、DNPが提供するキャッシュレスプラットフォームの一部としてモバイルQR/バーコード決済基盤の開発に着手する。API接続で簡単に実装できる他、アプリにキャッシュレス推進協議会公表の「コード決済に関する統一技術仕様ガイドライン CPM(Consumer-Presented Mode)」に準拠したQR/バーコードを発行。

 プリペイドカード、クレジットカード、デビットカードなどの決済手段にひも付いたQR/バーコード決済が可能となり、バリュー残高管理サーバとの連携や、プリペイドカードの即時発行や銀行口座からの自動引き落としによるプリペイドカードへのチャージに対応する。

 第1弾として、プリペイドカードのスキームをベースとしたQR/バーコード決済サービスと銀行口座からのチャージを2019年夏頃に開始し、順次機能を拡張する予定。両社は金融機関や流通・小売業などに本サービスを提供し、国内でのスマートフォンを使ったキャッシュレス決済の普及を支援していく。

 DNPは、2012年からスマートフォンでの各種決済などをアプリで管理できる「DNPモバイルWallet(ウォレット)サービス」を提供。2019年1月に各種キャッシュレス関連サービスを連携させ、カード発行会社や店舗のキャッシュレス対応をトータルに支援する「キャッシュレスプラットフォーム」もスタートしている。また、JCBもQR/バーコード決済の標準化を推進している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう