ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「口座」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「口座」に関する情報が集まったページです。

サイバー脅威レポートを発表:
銀行口座情報を窃取する「モバイル向けマルウェア」が増加中 Kaspersky
Kaspersky Labが公開したサイバー脅威レポートによると、2019年第1四半期は、銀行口座の認証情報や金銭を窃取するモバイル向けのマルウェアが増加したという。検知したバンキング型トロイの木馬は約3万種で、それらによる攻撃は31万2235件を数えた。(2019/6/7)

三菱UFJ銀行、「紙の通帳」新規発行を原則中止へ 「デジタル通帳」を推奨
三菱UFJ銀行は、6月10日から新しく口座を開設する顧客に、原則として紙の通帳を発行しない方針を固めた。代わりに「Eco通帳」を利用してもらう。(2019/5/30)

「ゆうちょPay」を使ってみた どんなメリットがある? 不満点は?
ゆうちょ銀行は5月8日にコード決済サービス「ゆうちょPay」を開始した。スマホアプリからQRコードを提示すれば、ゆうちょ銀行の口座から決済金額が即時引き落とされる。早速使ってみたので、利用方法や所感をまとめた。【訂正】(2019/5/26)

駅の券売機で預金引き出し 東急・ゆうちょ・横銀がスタート 「急に現金が必要」ニーズに応える
東京急行電鉄が、駅の券売機で銀行預貯金を引き出せる「キャッシュアウト・サービス」を5月8日から提供。横浜銀行、ゆうちょ銀行のモバイル決済アプリを使い、各銀行の口座から預金を下ろせる仕組みだ。(2019/4/24)

LINE追う「+メッセージ」、企業との連携に活路 来店予約・金融手続きなど対応へ
携帯キャリア3社が、「+メッセージ」に企業の公式アカウントを設けると発表。ユーザーは同アプリ上で、飲食店の予約や口座振替の手続きなどが可能になる。「LINE」にはユーザー数で後れを取っていることから、企業との連携を充実させて巻き返しを図る。(2019/4/23)

銀行口座から直接払える「Bank Pay」19年秋スタート デビットカードの利便性がスマホに
1000以上の銀行が対応する「オールバンク」。(2019/4/23)

「ゆうちょPay」5月8日に開始 まずは量販店やドラッグストアなどが対応
ゆうちょ銀行が、コード決済サービス「ゆうちょPay」を5月8日に開始する。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、対応店舗でスマートフォンアプリからバーコードを使って決済できる。サービス開始を記念したキャンペーンも実施する。(2019/4/22)

ゆうちょPay、5月8日に提供開始 口座から即時引き落とし、ヤマダ電機など導入
ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」を5月8日から提供。ゆうちょ銀行の口座を持っている人が、同行と契約している店舗での支払いに使える。(2019/4/22)

銀行口座直結の「Bank Pay」、2019年秋に開始 1000以上の金融機関が対応予定
日本電子決済推進機構(J-Debit)が、新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」を2019年秋に開始する。ユーザーがスマートフォンアプリに表示したバーコードを読み取ってもらうことで、対応する銀行口座直結で決済ができる。1000以上の金融機関が順次対応する。(2019/4/22)

Coinhive訴訟控訴審の裁判費用、寄付募集 仮想通貨やPayPayもOK
Coinhive事件の控訴審の裁判費用について、被告のモロさんが、日本ハッカー協会を通じて寄付の募集を始めた。銀行口座への振り込みのほか、ビットコイン、モナコイン、PayPayによる寄付も可能だ。(2019/4/19)

仮想通貨取引サービス「楽天ウォレット」が新規口座受付開始
楽天IDおよび楽天銀行と連携。Web上で新規口座開設が可能。(2019/4/15)

モバイル決済の裏側を聞く:
なぜゆうちょ銀行がスマホ決済に参入するのか? 「ゆうちょPay」の狙いを聞く
2019年5月、ゆうちょ銀行が提供する「ゆうちょPay」がスタートする。口座数だけで約1億2000万という巨大銀行グループの動向が気になる人は多いだろう。ゆうちょPayが参加するGMOペイメントゲートウェイの「銀行Pay」や、そもそも狙いを聞いた。(2019/4/11)

口座開設や接客を自動化
「RPA」を業務自動化に生かす大手銀行、導入が進まない地方銀行
銀行業界は、セキュリティ対策や顧客の口座開設プロセスの効率化にRPAツールを使い始めている。大手銀行とFinTech企業を中心にRPAツールの導入が進みつつあるが、地方銀行にとっては依然として障壁がある。(2019/4/7)

JCBデビットを採用:
「じぶん銀行スマホデビット」がサービス開始 Androidは「QUICPay+」にも対応
じぶん銀行の「スマホデビット」が、4月3日にサービスを開始した。同社の預金口座を持っていれば、最新の「じぶん銀行」アプリからネット決済専用のJCBデビットカードを即時発行できる。Androidスマートフォンならデビットタイプの「QUICPay+」も利用できる。【追記】(2019/4/3)

「あえてビッグデータを取りません」――スマホ決済「QuoカードPay」は“透明性”で攻める
スマホ決済サービス「QuoカードPay」がローソンで利用可能に。同サービスは、利用開始時に銀行口座やクレジットカード番号などの個人情報の登録が不要な点が特徴。あえてビッグデータの取得・活用をしないことで、使いやすさと透明性を確保する狙いだ。(2019/3/26)

PayPay、銀行口座の初登録で最大100万円分が当たるキャンペーン
PayPayはスマホ決済サービス「PayPay」を新規登録し、初めて銀行口座を登録したユーザーを対象とした「100万円もらえちゃうキャンペーン」を開催。抽選で50人に100万円相当、1000人に10万円相当をプレゼント。また「PayPay」を新規登録したユーザーへ10万人に500円相当のPayPayボーナスを提供する。(2019/3/15)

PayPay、銀行口座登録で「100万円」 抽選で50人に
PayPayで、初めて銀行口座を登録したユーザーから抽選で50人に100万円分の電子マネーを付与するキャンペーンが始まった。(2019/3/15)

IT活用:
電力データで金融口座の不正開設を防ぐ、関西電力らが新技術を検証
関西電力は不正アクセス検知サービスの開発を行うカウリスと共同で、電力設備情報を活用して不正な金融口座の開設を防止する技術を実証する。(2019/3/15)

会員獲得なるか:
メガバンク、若者との接点作りに躍起 人気漫画「キングダム」とコラボも……
三井住友銀行は12日、東京・表参道で17日まで限定営業する「ミドすけカフェ」をお披露目した。流行の発信地に“インスタ映え”するカフェを設けて若者向けに三井住友銀をPRする。会員制交流サイト(SNS)を活用し、インターネットに慣れ親しむデジタルネーティブ層の新規口座を獲得するのが狙いだ。(2019/3/14)

金融被害が減少し、不正アクセスが増加傾向:
警察庁がサイバー犯罪の統計公開、ポート1024以上への探索行為やWordの標的メールが増加
警察庁は、2018年のサイバー関連の攻撃や犯罪に関する統計データを公開した。探索行為は、1024番以上のポートへのアクセスが増加傾向にある。標的型メール攻撃では、WordやExcelのファイルを添付したものが増えている。不正送金先口座の名義人の国籍は、ベトナムが最も多かった。(2019/3/11)

全国の信用金庫の口座を“通帳レス化”する新システム 2019年8月に実用化へ――しんきん共同センター、NTTデータが共同開発
しんきん共同センターは、加盟信用金庫を“通帳レス化”するシステムをNTTデータと共同開発し、2019年8月に提供を開始する。加盟信用金庫の口座保有者は、スマートフォンなどで容易に通帳レスに切り替えられるようになる。(2019/2/25)

りそな銀行が3月に「りそなウォレット」開始 口座直結のスマホ決済
りそな銀行と埼玉りそな銀行が、2月25日にスマホ決済アプリ「りそなウォレット」を提供する。QRコードを使い、りそな銀行の口座直結で支払いができる。3月から対応店舗で利用可能になる予定。(2019/2/19)

モバイル決済Q&A:
クレジットカード不要で使えるスマホ決済
モバイル決済では、クレジットカードをひも付けて決済をするサービスが多いが、クレカ不要で使いたい人も多いだろう。モバイル決済サービスでは、クレジットカード以外の手段でもチャージや支払いは可能。銀行口座を直結させたり、現金で支払ったりできる。(2019/2/18)

20〜40代が7割:
つみたてNISA口座が1年で100万口座突破
つみたてNISA開始から1年で、口座数が100万を突破した。買い付け総額は927億円。(2019/2/13)

北陸銀行が2019年度上期に「ほくほくPay」開始 銀行口座直結のコード決済
北陸銀行は、2019年度上期を目処にスマホ決済サービス「ほくほくPay」を取扱開始。スマホアプリを操作して加盟店側の端末に表示されたQRコードを読み取ると、事前に登録した口座から代金が即時に引き落とされる。個人ユーザーはクレジットカードの申込や事前の電子マネーチャージが不要で、加盟店側も専用端末を用意する必要がない。(2019/2/12)

カナダの大手仮想通貨取引所、CEO死亡で口座の仮想通貨約150億円にアクセスできない状態に
顧客は約11万5000人。(2019/2/7)

「ソニー銀行」アプリ、2月25日に提供開始 生体認証でログイン可能
ソニー銀行は、2月25日に「ソニー銀行」アプリを提供開始。口座の残高照会や振り込み、外貨普通預金の取り引きなどが簡単に行える。過去1年間の残高推移確認や各商品のログイン後にスマートフォンサイトへワンタップで移動できるショートカット機能、プッシュ通知なども備え、ログインは生体認証、パターン認証、PINコード認証から選べる。(2019/2/6)

Origami Pay、銀行口座からの即時支払いで1%オフのキャンペーン
Origamiは、2月7日からOrigamiアプリの支払い方法として銀行口座を登録し、即時支払すると割引になるキャンペーンを開催。店舗によって2%や10%などの即時割引を行っているが、銀行口座からの支払いでさらに1%割引する。(2019/2/5)

QRコード決済サービス「ゆうちょPay」5月開始 将来的には駅券売機での現金引き落としも
ゆうちょの総合口座を持っている人なら誰でも利用可能。(2019/2/4)

DNPとJCBが提携 基盤開発でコード決済の標準化を推進
大日本印刷とジェーシービーは、2月4日にQR/バーコード決済サービスの連携を発表。簡単に実装できるモバイルQR/バーコード決済基盤の開発に着手し、各種事業者のキャッシュレス導入を支援する。第1弾としてプリペイドカードのスキームをベースとした統一技術仕様QR/バーコード決済サービスおよび銀行口座からのチャージを2019年夏頃に開始する予定。(2019/2/4)

ゆうちょ銀行のコード決済「ゆうちょPay」、開始時期が「2019年5月」に
ゆうちょ銀行が、2019年5月に「ゆうちょPay」を開始する。ゆうちょ銀行の口座と直結したコード決済サービス。郵便局や対応店舗の他、銀行でも利用可能にする予定。(2019/2/4)

「ゆうちょPay」提供は5月から ゆうちょ口座の利用者向けに
ゆうちょ銀行が「ゆうちょ Pay」を5月から提供する。当初は2月から提供予定だった。(2019/2/4)

QRコード決済って本当に必要?
 2次元バーコード「QRコード」を使ったスマートフォン決済に参入企業が相次ぐなか、支払いに現金を使わないキャッシュレス化普及の大きな目的とされるインバウンド(訪日外国人)の利便性向上に本当に役立つのか疑問の声が上がっている。中国以外の国ではクレジットカードや銀行口座から即時に引き落とされるデビットカードが主流のため、国内でQRコードの受け皿を広げても使ってもらえるか分からないためだ。官民挙げた「QR狂想曲」はどこへ向かうのか。(2019/1/23)

クレカなどの方が……:
QRコード決済って本当に必要なの? 米では利用率1%以下という統計も
2次元バーコード「QRコード」を使ったスマートフォン決済に参入企業が相次ぐなか、支払いに現金を使わないキャッシュレス化普及の大きな目的とされるインバウンド(訪日外国人)の利便性向上に本当に役立つのか疑問の声が上がっている。中国以外の国ではクレジットカードや銀行口座から即時に引き落とされるデビットカードが主流のため、国内でQRコードの受け皿を広げても使ってもらえるか分からないためだ。官民挙げた「QR狂想曲」はどこへ向かうのか。(2019/1/23)

みずほ、デジタル通貨発行 来春、地銀60行参加
みずほフィナンシャルグループが来年春にメガバンクグループで初となるデジタル通貨を発行する。60行程度の地方銀行も参加する見通しだ。「銀行口座と連動した利便性を競争力の源泉にする」(2018/12/28)

電子マネー決済でアフリカビジネスに新たな商機
電子マネー決済の普及でアフリカビジネスが変貌している。銀行口座を持っていないことがビジネス展開のネックになっていたためだ。新たな決済機能の浸透を背景に大手商社などの参入も相次ぐ一方で、現地でもベンチャーが続々と誕生している。(2018/12/26)

ベンチャーが続々誕生:
電子マネー決済でアフリカビジネスに新たな商機 
電子マネー決済の普及でアフリカビジネスが変貌している。銀行口座を持っていないことがビジネス展開のネックになっていたためだ。SOMPOホールディングス(HD)は11月、仮想通貨を使ってケニアを拠点に海外送金を展開するBTCアフリカ(通称ビットペサ)に出資した。新たな決済機能の浸透を背景に大手商社などの参入も相次ぐ一方で、現地でもベンチャーが続々と誕生している。(2018/12/25)

ビットトレード、仮想通貨取引所「Huobi」を1月にスタート 新規口座の受付開始
仮想通貨交換業者のビットトレードが、仮想通貨取引所「Huobi」の新規口座開設の受付を始めた。Huobi提供で、同社の取引サービスは1月18日に終了する。(2018/12/18)

伊予銀行は150人分の作業を削減へ
「6分で口座開設」の実現例も アクセンチュアが銀行向けAIシステムを開発
アクセンチュアは銀行向けシステム「Chat Co-Robot」を発表した。ローン申し込み対応や口座開設を自動化し、行員や顧客の負荷軽減につなげる。(2018/12/17)

「住民票の写し」など取り違え、別人に誤郵送 住信SBIネット銀行が謝罪
口座開設を申し込んだ2人の顧客の書類を返却する際、別人に誤って郵送したとして、住信SBIネット銀行が謝罪。(2018/12/14)

ゆうちょ銀行、投資信託の口座開設業務をRPAで自動化 作業時間を3分の1に――富士通の業務自動化システムを導入
ゆうちょ銀行は、これまで行員が人手で行っていた投資信託の口座開設業務に、富士通が開発した業務自動化システムを導入。OCRとRPAを活用して、顧客から紙で届く口座開設申込書の読み取り、内容確認、口座開設手続きを自動化した。(2018/11/28)

1月に流出事件:
コインチェック、新規口座開設や一部仮想通貨の入金・購入を再開
仮想通貨取引所コインチェックが10月30日、新規口座開設や一部仮想通貨の入金・購入を同日再開した。(2018/10/30)

コインチェック、新規口座開設を再開 一部仮想通貨の入金・購入も
コインチェックが、新規口座開設と一部仮想通貨の入金・購入を再開した。(2018/10/30)

勘定系システムの運用コスト削減、効率向上をどう両立したのか?:
PR:セブン銀行に聞く、「運用管理ツール全面刷新プロジェクト」の舞台裏
24時間365日、止まらないATMを軸に、さまざまな金融サービスを提供しているセブン銀行。同行は2018年7月、決済口座事業を支える勘定系システムの刷新に合わせ、運用管理ツールを野村総合研究所「Senju Family」に刷新・統一。運用管理ツールの統一化と管理プロセスの標準化により、さらなる運用の高度化とビジネススピードへの追随を図る構えだ。ではSenju Familyはセブン銀行にどのような効果をもたらしたのか。また、今後同社の取り組みをどのように支えていくのか。運用管理ツール刷新プロジェクトの舞台裏を聞いた。(2018/11/12)

口座直結型のQRコード決済サービス「&Pay」、常陽銀行から提供開始
エムティーアイは、10月23日に口座直結型のQRコード決済サービス「&Pay」を提供開始。クレジットカード会社などの中間事業者を介さず、リアルタイムかつ安全に支払いが可能。まずは常陽銀行との連携を開始し、2018年度内に加盟店を1000社、2020年までに国内300の金融機関との連携を目指していく。(2018/10/24)

CEATEC JAPAN 2018:
じぶん銀行、口座開設や取引で「顔認証」 2019年夏をめどに導入へ
じぶん銀行が、口座開設や取引をする際に、顔認証を導入する予定。CEATEC JAPAN 2018の三菱UFJフィナンシャル・グループのブースでデモを行っている。顔認証はNECの技術を活用している。(2018/10/16)

銀行口座間の送金サービス「Money Tap」開始 チャージ不要、電話番号から送金可能
SBI Ripple Asiaが、スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap(マネータップ)」の提供を開始。銀行口座から銀行口座へ、直接送金できる。1回3万円、1日10万円までの送金は手数料が発生しない。(2018/10/9)

手数料無料の送金アプリ「Money Tap」公開 国内3銀行と連携、Rippleの技術活用
スマートフォン向け送金アプリ「Money Tap」が一般公開。住信SBIネット銀行、スルガ銀行、りそな銀行と連携し、口座から口座に直接リアルタイム送金できる。(2018/10/4)

QRコードを使って銀行口座間の送金を可能に NTTデータ、バンキングアプリ「My Pallete」で提供へ
NTTデータは、岩手銀行など、地銀など18の金融機関が利用するスマホ用バンキングアプリ「My Pallete」に、QRコードを使って銀行口座間の送金ができる新機能を追加する。(2018/9/27)

AIで取引先企業の業況変化を早期に検知 三井住友銀行が導入
三井住友銀行は、取引先企業の口座取引の動きから経営状態を把握する「企業の業況変化検知システム」を導入。事業支援・改善に向けた提案などにつなげる。金融機関などに外販も開始。共同開発したJSOLが営業、導入、保守を担当する。(2018/9/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。