ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「口座」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「口座」に関する情報が集まったページです。

マイナポイント第2弾、申請受付は6月30日から 保険証・口座登録で1万5000円相当付与
金子恭之総務大臣は5月14日、マイナンバーカードを健康保険証として登録した人などに付与するポイントの申請を6月30日から受け付けると発表した。(2022/5/17)

d払い、三菱UFJ銀行のチャージに対応 最大1000ポイントプレゼントも
NTTドコモの「d払い」が、三菱UFJ銀行の口座からのチャージに対応。5000円以上チャージし、d払い(d払い残高からの支払い)を利用したユーザーへdイントを最大1000ポイント進呈するキャンペーンも行う。(2022/5/16)

スマホ決済のお得な活用術:
事前チャージ不要の「PayPayあと払い」と「PayPayカード」はどちらがお得?
「PayPayあと払い」では、事前のチャージ不要で「PayPay」の支払いができ、利用した金額は翌月にまとめて登録している口座から引き落とされる。一方、PayPayカードは、年会費永年無料で利用できるクレジットカード。PayPayあと払いとPayPayカードは翌月にまとめ払いできることやPayPayポイントがたまるところ、審査が必要な点などを考えると、よく似たサービスといえる。(2022/5/10)

SBI証券の三井住友カードつみたて投資、設定額100億円突破で楽天証券追走
SBI証券は5月6日、三井住友カードを使った投信積立サービスの設定金額が月額100億円を突破したと発表した。併せて積立口座数も26万口座を超えた。サービス開始から10カ月で100億円に到達した。(2022/5/6)

必要なのは“投資”ではなく資産運用 見直されるラップ口座の今
「手数料が高い」とかつて批判を浴びていたラップ口座。それが今、新たな枠組みの中で見直されようとしている。キーワードは、「ゴールベース」と「アドバイス」だ。(2022/5/2)

PayPayアプリ、運転免許証のICチップ利用で本人確認申請を簡単に
PayPayは20日、銀行口座への出金やPayPayユーザー間の送金などに必要な「本人確認」手続きを運転免許証のICチップを利用して簡略化すると発表した。Android版は20日から、iOS版は近日中に対応。(2022/4/20)

日本年金機構をかたるフィッシング 住所やクレカ情報など盗まれる恐れ
日本年金機構をかたるフィッシング詐欺による被害が報告されているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起した。「国民年金口座が停止された」として、氏名や住所、クレジットカード情報などを盗み取ろうとする。(2022/4/18)

身分証&銀行口座でSIM契約できるスカイセブンモバイル、渋谷店をオープン
格安SIMサービスのスカイセブンモバイルは、4月5日に渋谷店をオープン。身分証と銀行口座があれば審査不要で本人名義の新規契約が可能で、3GB+かけ放題プランを5500円(税込み)から利用できる。(2022/4/11)

楽天証券、新規顧客向け米国株式2カ月手数料無料に NISA口座での取引も対象に
 楽天証券は、3月28日現地約定分より「米国株式取引手数料無料プログラム」の拡充を行い、キャッシュバックから無料に変更すると発表した。あわせて、プログラムの対象外となっていたNISA口座での取り引きが、今後は対象となる。(2022/3/30)

マイナンバー、公金受け取り口座の登録開始
デジタル庁が「マイナポータル」で、公的給付金受け取り口座の登録を開始した。登録すると新型コロナウイルス対策の特別給付金や年金などの還付金受け取りが容易になる他、「マイナポイント」を7500円分受け取ることができる。(2022/3/29)

au PAY、ゆうちょ銀行やイオン銀行などでチャージ可能に
au PAYは、3月24日からゆうちょ銀行、イオン銀行、静岡中央銀行、大垣共立銀行、鳥取銀行の口座からau PAY 残高へチャージ可能に。これにより計126の金融機関へ対応となる。(2022/3/24)

BANK Payっていったい何だ? 単なるQRコード決済ではないその秘密
BANK Payというサービスをご存じだろうか? よくある説明だと、「PayPayのようなQRコード決済の1つ。ただし、利用すると銀行口座から即座に料金が引き落とされる」なんて書かれている。これは間違いではないが、BANK Payの一つの側面しか見ていない。(2022/3/18)

対応第1弾は「モバイルSuica」:
銀行口座から電子マネーに直接チャージ ローソン銀行が「Suittoアプリ」の提供を開始
ローソン銀行が、銀行口座から電子マネーに直接チャージできるアプリ「Suitto(スイット)」の提供を始めた。ローソン銀行を含む10の金融機関の口座を登録可能で、対応電子マネーの第1弾は「モバイルSuica」となる。(2022/3/16)

押印や郵送不要 ネットバンクから口座振替登録できるAPI 三菱UFJが国内初
三菱UFJ銀行は、口座振替登録をオンラインで完結できるAPIサービスの提供を始めた。紙に記入・押印して、郵送する必要なく、ネットだけで完結できる。(2022/3/16)

検知精度80%以上を達成:
「プライバシー保護連合学習技術」で不正口座の早期検知が可能に NICTらが実証実験で確認
NICTは不正送金検知の実証実験を実施し、被害取引の検知精度向上や不正口座の早期検知を確認した。NICTが開発したプライバシー保護連合学習技術「DeepProtect」によって、不正送金の検知精度80%以上を達成した。(2022/3/14)

セブン銀行はなぜ証券サービスを始めるのか? 銀行証券連携の新しい形
セブン-イレブン店内に置かれたATMで有名なネット銀行、セブン銀行が、口座保有者向けに証券取引サービスを提供する。銀行が投資信託などを販売することはよくあるが、株式というのはこれまで例がない。なぜ証券サービスを始めるのだろうか。(2022/3/2)

ロシアのウクライナ侵攻を受け:
楽天G、ウクライナ支援の基金創設 楽天ポイントやクレカでも募金可
楽天グループがロシアの軍事侵攻を受けているウクライナ政府を支援するため「ウクライナ人道危機 緊急支援募金」を創設した。現時点での募金手段として、楽天ポイントやクレジットカードを提供しており「楽天銀行口座への振込による募金は近日中に受付開始する」としている。(2022/2/28)

保険金、電子マネーで受け取り可能に 損保ジャパンが5月提供予定
損害保険ジャパンと日本ユニシスは、国内初の電子マネーによる保険金支払いサービスを5月から提供予定と発表した。従来の銀行口座に加えて、普段利用している電子マネーアカウントを保険金の受取先に指定可能。QRコード決済サービスを対象に展開予定。(2022/2/28)

キャッシュレス決済の拡大に「デビットカード」が欠かせない理由
銀行口座に直結して支払時にすぐさま口座から現金が引き落とされるデビットカードが拡大している。特に国際ブランドが利用可能なブランドデビットが急伸しており、世界におけるVisaブランドのデビットカード取扱高はクレジットカードを超えている。国内ではクレジットカードの伸びは頭打ちだが、デビットカードはまだ成長の余地が残されている。(2022/2/28)

LINE証券「つみたてNISA」提供開始 ネット証券で唯一「野村スリーゼロ先進国株式投信」取扱い
 LINE証券は2月9日、スマホ投資サービス「LINE証券」において、新たに「つみたてNISA」の提供を開始した。提供開始を記念し、「つみたてNISA」の口座開設完了でLINEポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。(2022/2/14)

楽天証券のクレカ積立ポイント改定、「最初の目論見が外れた。ビジネスとしての正常化図る」
ここ数年で事業が大きく拡大した楽天証券。口座数は700万を超え、国内株式の売買シェアは29%に達し、SBI証券と二強の座を確実にした。一方で、急拡大の弊害も現れてきた。(2022/2/9)

セブン銀行、スマートプラスと組み証券サービス提供
セブン銀行とスマートプラス(東京都千代田区)は2月8日、セブン銀行口座保有者向けに証券取引サービスを共同で提供することを発表した。預金と投資を一体化したサービスを実現するという。2022年度上半期中のサービス開始を目指す。(2022/2/8)

PayPay、三菱UFJ銀の口座から直接チャージできるように メガバンク3行に対応完了
PayPayはQRコード決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の預金口座から残高を直接チャージできる機能を追加した。これまでみずほ銀行、三井住友銀行には対応していたものの、三菱UFJ銀はメガバンク3行で唯一未対応だった。(2022/2/3)

PayPay、三菱UFJの口座が登録可能に
キャッシュレス決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の口座を登録できるようになった。同行の普通預金キャッシュカードを持つユーザーは、PayPay残高のチャージを預金口座から直接行える。(2022/2/3)

PayPay、三菱UFJ銀行の口座登録に対応
キャッシュレス決済サービス「PayPay」へ、三菱UFJ銀行の口座を登録可能に。当月利用した金額を翌月にまとめて支払える「PayPayあと払い」の支払いに使用する口座にも選択できる。(2022/2/3)

住信SBIネット銀行、銀証連携強化 SBI証券にNEOBANKサービス提供
住信SBIネット銀行とSBI証券が、銀行と証券口座を連携させたサービス(銀証連携)の強化に乗り出す。これまでも、SBIハイブリッド預金という形で、口座間自動送金や優遇金利などのサービスを提供してきた。1月28日からは、「SBI証券NEOBANK」サービスを開始する。(2022/1/28)

スマホ決済のお得な活用術:
追加で1万5000円相当を還元! 「マイナポイント第2弾」で準備すべきこと
「マイナポイント第2弾」がスタート。健康保険証の利用申し込みや公金受取口座の登録についても6月頃開始する予定だ。既に第1弾の特典を受け取った人も、追加で1万5000円相当の特典を受け取れるので、ぜひ手続きをしておきたい。(2022/1/28)

松井証券、米国株サービス詳細を公表 リアルタイム株価情報を無料提供
松井証券は、2月下旬に開始する米国株サービスの詳細を明らかにした。当初、GAFAMやテスラをはじめ、指数連動のETFなど米国上場の400銘柄を取り扱う。1月29日から、口座開設を受け付ける。(2022/1/27)

マネーフォワード「楽天銀行との連携終了しない」 freeeの発表で問い合わせ増加?
マネーフォワードは楽天銀行とのAPI接続について終了の予定はないと発表した。同社宛に、楽天銀行とのAPI接続による口座明細の自動取り込みついての問い合わせが増えていたという。(2022/1/24)

「ゆうちょPay」が機能拡充 全ての店頭決済でポイント付与
スマホ決済サービス「ゆうちょPay」が、1月26日から2月1日にかけて機能を拡充。口座登録時の認証方法を追加し、全ての店頭決済で「ゆうちょPayポイント」を付与する。あわせて口座貸越サービスも提供開始する。(2022/1/24)

freee会計、楽天銀行とのAPI接続停止 契約更新できず
freeeは1月24日、楽天銀行との間で行っていたAPI連携を2月24日夕方をもって停止すると発表した。これにより、freee会計において楽天銀行の口座明細の自動取り込みが行えなくなる。(2022/1/24)

freee、楽天銀行との連携を2月に終了へ 口座の利用明細の自動取り込みが停止に
freeeは、クラウド会計ソフト「freee会計」をはじめとした同社の全サービスと、楽天銀行との連携を2月24日で終了する。これに伴い、楽天銀行の法人口座や個人ビジネス、個人口座の利用明細の自動取り込みを同日に停止する。(2022/1/24)

「マイナポイント」第2弾は6月に本格スタート 2022年9月末までに申請したマイナンバーカードで参加可能
マイナンバー(個人番号)カードを持っている人に対して買い物などで使えるポイントなどを還元する「マイナポイント」の第2弾について、申請の開始予定時期が明らかとなった。第2弾の目玉である「健康保険証」「公金受取口座」の登録によるポイント還元は6月から受付が始まる。【訂正】(2022/1/21)

SBI証券、三井住友カード 証券総合口座開設とクレカ発行を同時に申込める新サービス開始
 SBI証券と三井住友カードは1月19日より、SBI証券の証券総合口座開設の申し込みと、三井住友カードのクレジットカードの入会申し込みを同時に手続きできる新サービスを開始した。(2022/1/20)

三菱UFJ銀、通帳有料化 4月から年550円
三菱UFJ銀行は1月18日、紙の通帳に手数料を新設することを発表した。4月1日以降に開設する個人、法人口座が対象。年間550円を課す。ただし、18歳未満と70歳以上の個人口座は対象外とする。(2022/1/18)

auじぶん銀行、au PAY 残高のオートチャージで最大5万円当たるキャンペーン
auペイメントとauじぶん銀行は、1月18日から「オートチャージで現金が当たる!新春au PAYチャージキャンペーン」を開催。auじぶん銀行口座からau PAY 残高へ合計5000円以上オートチャージすると抽選で最大5万円が当たる。(2022/1/18)

三菱UFJ、4月から紙通帳発行に手数料、年間550円 ペーパーレス化促進のため
三菱UFJ銀行が、4月1日以降に口座を新設する利用者に対して、紙通帳を発行する場合は年間利用料550円の手数料を設ける。インターネット通帳への移行を促し、取引のペーパーレス化を進める考え。(2022/1/18)

ややこしいぞ!!マイナポイント 「預貯金口座とのひも付け」非常に混同しやすい別制度に要注意
1日に始まった「マイナポイント」制度の第2弾。「健康保険証登録」と並んでポイント対象となる「預貯金口座とのひも付け」については、すでに開始されている預貯金口座付番制度とは別制度で、非常に混同しやすい。(2022/1/6)

ややこしい!:
マイナポイント「預貯金口座とのひも付け」非常に混同しやすい
消費の活性化とマイナンバーカードの普及を目指して1日から始まった「マイナポイント」制度の第2弾。「健康保険証登録」と並んでポイント対象となる「預貯金口座とのひも付け」については、すでに開始されている別制度と非常に混同しやすい。(2022/1/5)

楽天銀行、預金残高7兆円を超える
楽天銀行は、2021年12月末に預金残高が7兆円を超えたことを発表した。6月末に6兆円を超えてから、半年で1兆円を積み増した。ネット銀行の中では、口座数は最多となる1100万を超えている。(2022/1/5)

楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジ、優遇金利を0.04%に縮小
楽天銀行は、楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」において、従来一律0.1%としていた普通預金金利を、2022年4月から引き下げる。300万円を超える残高について、0.04%に縮小する。(2021/12/29)

auカブコム証券、1月24日米国株サービス開始 5大ネット証券勢揃い
auカブコム証券は1月24日から米国株式サービスを提供することを発表した。1月23日から口座開設を受け付ける。22年2月に米国株を取り扱う松井証券に続き、auカブコム証券のサービス開始で、5大ネット証券のすべてが米国株を取り扱うことになる。(2021/12/28)

au PAYチャージ、三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行など109の金融機関から可能に
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行を含む109の金融機関の口座から、au PAY 残高へチャージが可能に。これにより計118の金融機関からチャージできるようになった。(2021/12/23)

不正取得の170億円をビットコインに ソニー生命社員を追送検、FBIが全額押収
ソニー生命保険の海外連結子会社の銀行口座から不正送金した約170億円をビットコインに交換し、自らの管理口座に移したとして、警視庁捜査2課は、組織犯罪処罰法違反容疑で、同社社員の石井伶被告を追送検した。同容疑の立件額としては過去最高。(2021/12/22)

不正取得の170億円をビットコインに ソニー生命社員を追送検、FBIが全額押収
清算手続き中の海外子会社から不正送金した約170億円を暗号資産(仮想通貨)のビットコインに交換し、自らが管理する口座に移したとして、警視庁捜査2課は21日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益隠匿)の疑いでソニー生命保険社員、石井伶容疑者(32)=東京都品川区、詐欺罪で起訴=を追送検した。(2021/12/21)

PayPay銀行、PayPay証券と銀証連携 「おいたまま買付」
PayPay銀行は12月20日、PayPay証券と連携した機能「おいたまま買付」の提供を開始した。いわゆる銀証連携で、PayPay証券での買付時、PayPay銀行の口座から必要額を自動的に引き落とす。(2021/12/20)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」、預金残高4兆円を突破 1年4カ月で倍増
 楽天銀行と楽天証券は12月17日、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の預金残高が4兆円を突破したと発表した。3兆円到達後、過去最短と同期間の8カ月で1兆円増、2兆円到達からは約1年4カ月で2倍となった。(2021/12/20)

Visaプリペイドカード+家計簿アプリ「B/43」のAndroid版が登場
スマートバンクは、家計簿プリカ「B/43」のAndroid版を提供開始。iOS版で実装されている「ペア口座」「ポケット機能」など、すべての機能を利用できる。(2021/12/16)

みずほ銀行のQRコード決済「J-Coin Pay」 全国74の信用組合と口座接続開始
 みずほ銀行は12月13日より、提供するスマホ決済サービス「J-Coin Pay」に新たに全国74の信用組合と口座接続を開始したと発表した。これにより、口座接続金融機関数は161金融機関となる。(2021/12/14)

楽天銀行と楽天証券の口座連携「マネーブリッジ」、300万口座到達
楽天銀行と楽天証券は、両社の口座を連携して利用できる「マネーブリッジ」の設定数が300万口座を突破したと発表した。200万口座突破から11カ月で100万口座増加した。(2021/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。