ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「口座」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「口座」に関する情報が集まったページです。

日本年金機構、財産調査務の電子化による業務効率化の検証を開始 預貯金照会の電子化サービス「pipitLINQ」を活用
日本年金機構は、財産(預貯金状況)調査業務にNTTデータの「pipitLINQ」を導入し、預貯金などの照会業務を電子化する実務検証を実施する。財産調査業務に関わる一連の流れを電子データで行い、作業時間の削減効果、口座の特定結果、照会結果などを検証する。(2020/1/17)

Visa、アプリと銀行口座を繋げるユニコーン企業Plaidを53億ドルで買収
Visaがフィンテック企業Plaidを約5800億円で買収する。Plaidは銀行口座とモバイルアプリを接続する“配管”APIを提供する企業だ。CoinbaseやVenmo、American Expressなどが採用している。(2020/1/14)

業務中にSNSで副業探した消防士、振込先口座を詐欺に使われ停職4カ月
千葉県浦安市は、副業の振込先として知らせた銀行口座を詐欺に使われた消防士の男性を停職4カ月の懲戒処分にしたと発表した。男性は業務時間中にSNSで副業を探していた。(2019/12/27)

年末年始はATMネットワークのメンテナンスに注意 取引のない銀行のATMは利用不可
12月31日午後11時52分〜2020年1月4日午前3時50分に、ATMネットワークシステムのメンテナンスが実施される。期間中は基本的に、キャッシュカード発行元と異なる金融機関のATMを利用した、入出金などができない。他行の口座に振り込むことは可能だが、手続きの流れが従来とは異なる。(2019/12/23)

「じぶん銀行スマホデビット」で最大10%の現金還元キャンペーン
じぶん銀行は、12月16日に「最大10%還元!キャッシュレスキャンペーン」を開始。じぶん銀行アプリから即時発行できるカードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」で支払うと、利用金額の最大10%をじぶん銀行口座へキャッシュバックする。(2019/12/16)

「賞与支払い届」装うスパムメールに注意 中身はマルウェア「Emotet」 パスワードなど流出の恐れ
賞与支払い届を装ったスパムメールが出回っているとして、IPAが注意喚起。本文には出金口座の情報と振り込み指定日、不正なファイルのダウンロードに誘導するリンクが記載されている。誤ってクリックするとマルウェア「Emotet」に感染する。(2019/12/12)

LINE Payが銀行口座振込に対応 手数料は1回176円(税込)
LINE Payは、12月9日にモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の送金機能拡充を実施。「LINE Pay残高」が法人・個人の銀行口座へ振込できるようになった。(2019/12/9)

LINE Pay、国内キャッシュレス決済で初めて「銀行口座」振込に対応 振込口座が分からなくても入金できる機能も
これは使い方広がりそうだ。(2019/12/9)

国内スマホ決済では初:
「LINE Pay」で銀行振り込みが可能に 口座の代わりに氏名と電話番号でもOK
モバイル決済サービス「LINE Pay」が銀行振り込みに対応した。相手の銀行口座または、氏名と電話番号などが分かれば、LINE Pay残高を使って振り込みが行える。(2019/12/9)

LINE Payが銀行振り込みに対応 スマホ決済では国内初
「LINE Pay」の残高を、法人・個人の銀行口座に振り込めるサービスがスタート。相手の氏名と電話番号、メールアドレスのいずれかを知っていれば、LINE Pay残高を銀行口座に直接振り込める。(2019/12/9)

メルペイ、全国の信用金庫244社と口座連携 残高へのチャージが可能に
メルペイが全国の信用金庫244社との口座連携に対応した。メルペイに口座を登録したユーザーは、メルペイ残高へのチャージが可能になる。連携する信用金庫は、北海道信用金庫、愛知信用金庫、大阪信用金庫、福岡信用金庫など。(2019/12/9)

三菱UFJ銀行が「年1200円」の口座手数料の導入検討 「2020年以降新規に開設した口座」が「2年以上取引のない」場合を対象に
「年1200円」がトレンドワードに。(2019/12/6)

AIが銀行口座やカード入会の不正な申し込みを検知 ACSiONが提供開始
セブン銀行と電通国際情報サービスの合弁会社が、不正検知プラットフォーム「Detecker」の提供を開始する。Webサイトから申請される口座開設やカード入会の申し込み情報をAIが監視し、なりすましや虚偽などを検知する。(2019/12/6)

ブックオフ、買い取り代金を電子マネーで受け取り可能に LINE Payやドコモ口座などで
ブックオフコーポレーションは、11月20日に買い取り代金を電子マネーで受け取れる「スマホで受取コース」を一部店舗で開始した。決済ブランドは「LINE Pay」「au WALLET プリペイドカード」「Kyash」「ドコモ口座」「ソフトバンクカード」で、2020年3月には対応店舗を拡大する。(2019/11/20)

技術と人間との関係を示す「重要な戦略的展望」トップ10を発表、雇用や金融の変化など ガートナー
ガートナーは、2020年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。2025年までに、銀行口座を持たないスマートフォン所有者の50%が、モバイルでアクセス可能な仮想通貨口座を利用することなど、10項目が示された。(2019/11/15)

大垣共立銀行と楽天銀行、銀行APIを使って提携
東海地方を拠点とする大垣共立銀行と、ネット銀行の楽天銀行は業務提携を行い、11月18日から新サービスを提供する。大垣共立銀行の利用者に、楽天銀行の専用口座を通じて、くじの購入や公営競技への入金をやりやすくする。(2019/11/14)

Google、銀行提携の預金口座サービス「Cache」を計画中──Wall Street Journal報道
米Googleの幹部がWall Street Journalに対し、預金口座サービスを計画していると語った。コードネーム「Cache」の下、Citigroupなどの銀行と提携して早ければ2020年にも開始するとしている。(2019/11/14)

じぶん銀行が「pring」「PayPay」と連携、対応決済サービスは7種に
じぶん銀行は、11月13日にスマホ決済アプリ「pring」「PayPay」との連携を発表。じぶん銀行口座からpringへの入出金が可能となり、口座から直接PayPayでの支払いができる口座振替サービスを行う。(2019/11/13)

ドコモ、銀行の偽サイトに誘導するSMSへ注意喚起
NTTドコモは、同社を装いdアカウント情報や銀行口座のログイン情報を盗み取ろうとするSMSを確認。記載されたURLにアクセスするとdアカウントのID/パスワードや銀行口座のログイン情報を詐取され、不正利用される被害が発生している。(2019/11/12)

コード決済でクレカ、銀行口座、現金でチャージする理由は? MMDが調査
MMD研究所は、11月6日に「QRコード決済の支払い登録方法別 利用実態調査」の結果を発表した。登録支払い方法・チャージ方法を選択した理由は、クレカ利用者は「ポイントやお得さ」、銀行口座や現金利用者は「キャンペーン期間中でお得だった」と回答した。(2019/11/6)

「LINEスマート投資」、スマホと身分証で口座開設 最短で翌営業日に取引開始
LINE Financialが、スマートフォンと身分証で本人確認を完了させ、口座開設できる機能を提供。これまでは郵送で本人確認書類の提出が必要だったが、オンライン上で本人確認フローが完結。申し込みから最短で翌営業日から取引が可能となる。(2019/11/5)

ロボアド「THEO」の預かり資産が500億円突破
10月31日時点でロボアドバイザーサービス「THEO」の預かり資産が500億円を突破したと発表した。また口座数も10万件を超えた。(2019/11/1)

セブン銀行の新型ATM、実用化へ第一歩 顔認証で本人確認・口座開設 都内で実験開始
セブン銀行が、カメラやスキャナーを搭載した新型ATMの実証実験を開始した。実店舗で手続きする手間を解消する狙い。将来的には全国での正式展開を予定している。(2019/10/29)

預金口座の闇売買に警戒感強まる マネロン国際組織が月末審査入り 
日本の金融機関のマネーロンダリング対策を審査する国際組織「金融活動作業部会」の第4次審査が、10月末から始まる。日本にとって、「マネロン天国」の汚名返上のチャンスかと思いきや、不正送金の温床となる預金口座の闇売買が横行するなど、国際的な対策レベルとはいまだに温度差があるのが実情だ。(2019/10/21)

「白鳥エステ」運営のアキュートリリーが破産 半年にわたる賃金未払い、社保滞納、口座凍結のうえ、社長は連絡つかず
賃金未払いがかねて問題になっていました。(2019/10/2)

PayPay、現金払い出しが可能な「PayPay マネー」開始
PayPayは、現金へ払い出しが可能な「PayPay マネー」を開始。本人確認手続きを完了したユーザーが銀行口座などからチャージした「PayPay 残高」は「PayPay マネー」となり、指定の銀行口座への振り込みによる出金が可能となる。(2019/10/1)

銀行口座に“維持手数料”がかかる!? 森永卓郎が解決策の持論を展開
口座の維持管理コストの一部を預金者から徴収する考えをメガバンクのトップが明らかに。(2019/9/30)

企業や業界を横断した情報共有も:
怪しい口座を検知して犯罪を未然防止、セブン銀行のセキュリティ「販売」始まる
セブン銀行とISIDが新会社を立ち上げた。非対面取引のネット専業銀行ならではのセキュリティノウハウを汎用(はんよう)化して同業他社や他業種向けにも提供し、企業や業界を横断する不正対策体制の構築を目指す。(2019/9/30)

マネックス、株主優待で500円相当のビットコイン配布 コインチェックの口座開設が条件
マネックスグループが、2019年度中間期の株主優待として、株主に500円相当のビットコインを付与すると発表。ビットコインを受け取れるのは、子会社コインチェックの仮想通貨取引所「Coincheck」に口座を開設した株主のみ。振り込む時期は20年4月上旬を予定する。(2019/9/24)

京都アニメーション、義援金受付口座に約25億8590万円が寄せられたと発表 義援金は配分委員会に移管
7月24日に支援金を受け付ける口座を発表。(2019/9/20)

週末エンプラこぼれ話:
セブン銀行が次世代ATMを発表 顔認証技術やAI活用、カードなしでの手ぶら入出金も
顔認証によるカード不要の入出金や、顔認証と身分証明証の読み取りによるコンビニATMでの銀行口座開設に対応。「ATM+」をキーワードに現金の預け払いを超え、生活に便利なサービスをワンストップで提供していく。(2019/9/20)

スマホ決済アプリをインストールした人の6割超が利用せず 継続率に課題か
スマホ決済をインストールした人の62.8%がその後アプリを利用していないことが、MMD研究所の調査で判明。会員登録や口座連携は済ませたものの、使っていない人も存在した。現金やクレジットカードが根強く利用されていた。(2019/9/19)

2000万人の氏名や銀行口座残高、勤務先の名称などがサーバ上で公開状態に
エクアドルのコンサルタント会社が保有する米国のデータベースサーバで、セキュリティ設定の不備から、エクアドル在住者の登録番号や納税者番号、氏名、性別、国立銀行の口座残高、家族の氏名、勤務先の名称などが公開状態となっていた。(2019/9/17)

IT用語解説系マンガ:食べ超(170):
口座をクラウドネイティブ化したのにスケールしません
雲をつかむような誤解を乗り越え、クラウドネイティブ化を推し進めていきましょう。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/9/11)

ドコモ、「d払い」の不正利用で全額補償へ 利用規約を改定
NTTドコモが、「spモード」「iモード」「d払い」「ドコモ口座」の利用規約を8月28日に改定。「dカード」と同様の補償制度を導入する。ドコモを装ったフィッシングSMSによる詐欺被害が増えていることなどを鑑みた。(2019/8/29)

au WALLET アプリ、金融機関(2000以上)の残高や明細などを管理可能に
KDDIは、8月21日に「au WALLET アプリ」へ「お金の管理」機能を追加。2000以上の金融機関(銀行・クレジットカード)の残高や明細などの情報を管理できるようになる。これを記念し、銀行口座を登録した先着10万人へau WALLET ポイントを100ポイントプレゼントする。(2019/8/22)

京アニ支援のクラウドファンディング、Makuakeで開始 「支援の方法は1つでも多く用意されているべき」
京アニへの支援金を募るクラウドファンディングが8月19日、「Makuake」で始まった。アニメ産業を支援するNPO法人・ANICが、JAniCAの協力を得て実施。支援金から振込手数料を差し引いた全額を、京アニの口座に振り込む。(2019/8/19)

18カ月で35億回の攻撃:
金融サービスが不正ログインの主な標的に Akamaiがセキュリティレポートを発表
Akamaiが発表したレポートによると、フィッシングサイトの被害を受けた組織の50%が金融サービス部門だった。不正ログイン攻撃も18カ月で35億回確認された。金融サービスを利用する顧客の個人データや銀行口座情報がリスクにさらされている。(2019/8/19)

18カ月で35億回も 金融サービスの顧客を狙うサイバー攻撃の傾向が判明
Akamaiが発表したレポートによると、金融サービスを利用する顧客の個人データや銀行口座情報がリスクにさらされているという。フィッシングサイトの被害を受けた組織の50%が金融サービス部門だった。不正ログイン攻撃も18カ月で35億回確認された。(2019/8/16)

「ソフトバンクまとめて支払い」でPayPayチャージ可能 銀行口座やクレカ不要に
「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」で、PayPay残高のチャージができるように。銀行口座やクレジットカード不要でチャージできる。(2019/8/1)

ソフトバンクとY!mobileのキャリア決済で「PayPay」のチャージが可能に 銀行口座やカードの情報なしで新規登録OK
PayPay残高のチャージに「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」を使えるようになった。チャージした利用分は、ソフトバンクまたはY!mobileの携帯電話料金と一緒に支払える。(2019/7/31)

京アニ、支援金の受付口座を開設 「再建を目指して最善の力を尽くす」
京都アニメーションが、支援金を受け付ける専用口座を開設。放火事件の負傷者、犠牲者、遺族らへの補償、同社の再建などに充てる。(2019/7/24)

京都アニメーション、支援金の受け付け口座を発表
「再建を目指して最善の力を尽くしていく所存」としています。(2019/7/24)

銀行口座を介さずに企業から個人へ送金 「LINE Pay かんたん送金サービス」開始
LINE Payが、金融機関の口座を登録せずに企業が直接ユーザーに送金できるサービスを開始。ユーザーが登録した「LINE Payナンバー」をもとに、企業は口座を介さずに直接LINE Payでインセンティブなどを支払える。(2019/7/22)

PayPay新規登録特典が変更 銀行口座登録で1000円分
PayPayが銀行口座登録を促進する。従来新規登録で特典を付与していたが、8月からは特典受け取りに銀行口座登録を必要に変更する。(2019/7/5)

PayPayかたる不審な電話に注意 口座情報など聞き出す
PayPayの社名をかたり、口座情報や名前、生年月日を聞き出す電話が確認されているとし、同社が注意を呼び掛けている。(2019/7/5)

ミニストップで「ゆうちょPay」が利用可能に 7月1日から
各種コード決済の導入を進めているミニストップが、「ゆうちょPay」に対応。ゆうちょ銀行の口座を持っているユーザーは注目だ。(2019/6/28)

オタ活専用お小遣い帳「推し彼通帳」 推しの口座に振り込んだ気持ちになって使った金額を記録する
推しのために使ったんだから有益。(2019/6/22)

“多過ぎて覚えられない”パスワードをデバイス単体でセキュアに管理する「パスワードロム240」――クラウドファンディングで発売
cooyou.orgは、PCやスマホなどに外付けして、ログイン用のID/パスワードを自動入力できる小型軽量のデバイス「クレイジースモール パスワードロム240」を発売。最大240件のアカウントを管理できる。クレジットカードや銀行口座の暗証番号など、重要情報も自分の手元で安全に管理できるという。(2019/6/18)

サイバー脅威レポートを発表:
銀行口座情報を窃取する「モバイル向けマルウェア」が増加中 Kaspersky
Kaspersky Labが公開したサイバー脅威レポートによると、2019年第1四半期は、銀行口座の認証情報や金銭を窃取するモバイル向けのマルウェアが増加したという。検知したバンキング型トロイの木馬は約3万種で、それらによる攻撃は31万2235件を数えた。(2019/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。