レビュー
» 2019年03月27日 06時30分 公開

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:これはなかなか面白い! ベルボンの「iPhone専用自撮り棒付きケース」先行レビュー (1/3)

カメラ用品で知られる「ベルボン(Velbon)」が、CP+で「iPhone専用自撮り棒付きケース」なるものを出展していた。4月5日に発売予定なそうだけれど、試してみたい、ということでいち早くレビューするのである。

[荻窪圭,ITmedia]

 2月末から3月頭にかけて、パシフィコ横浜(横浜市西区)で「CP+(シーピープラス)2019」が開催された。スマートフォンユーザーにはあまり馴染みがないかもしれないけれど、CP+は毎年恒例の日本最大のカメラ・写真関連イベントなのである。

 展示品はデジタルカメラがメイン。でも、会場を丹念に回ってみると、スマホカメラ用のユニークな製品をたまに見かけるので目が離せないのだ。

 今回のCP+で一番印象深かった(目が点になった、ともいう)のはベルボン(Velbon)ブース。「iPhone専用自撮り棒付きケース」が異彩を放ってたのだ。

 その名の通りiPhone専用の、iPhoneケースのようにパコっとはめ込み、しゅるしゅると伸ばして使う製品である。

実物 CP+2019のベルボンブースで発見した「iPhone専用自撮り棒付きケース」。面妖な感じだ

 聞けば4月5日発売予定とのことだが、見た瞬間使ってみたくなった。そこで、発売日に先んじてレビューしてみるのである。

「自撮り棒付きiPhoneケース」? 「iPhoneケース型自撮り棒」?

 このケースにはiPhone 7/8用の「QYCS-V101」とiPhone X用の「QYCS-V102」の2種類がある。今回はiPhone X用を使ってみるのである。

 これが実物。

QYCS-V102 モデルさんが左手に持っているのがiPhone X用の「QYCS-V102」

 iPhone XSはカメラ部の寸法が少し変わった(参考記事)ので未対応とのこと。一応、無理にはめれば使えるようだけれども(実際試してみた)、未対応のものを使うのもどうかな、ということで以前使っていたiPhone Xを引っ張り出して使ってみるのである。

 Webサイトでの特集ページでは「iPhone専用自撮り棒付きケース」ってことになっているので、あくまでも「iPhoneケース」という立ち位置で行くみたいけれど、「iPhoneケース型折りたたみ式自撮り棒」って解釈もできなくはない気はする。

 見た目は「分厚いiPhoneケース」という感じ。ケース内に折りたたみ式の自撮り棒が収納されていて、アウトカメラの部分にはしっかりと穴が空いている。

iPhone Xと並べる iPhone X(上)と並べてみる。本体よりも厚いiPhoneケースといった風ぼうだ

いざセットアップ!

 もう、これがどう変形するのか、気になるよねえ。

 ではiPhone Xに装着するのである。付け方は普通のiPhoneケースと変わらない。ケースを裏返してはめ込めばOKだ。

 iPhoneはケースの四隅で支えるような設計。四隅の高さは画面よりちょっと低めで、画面を守ろうという意思は感じられない。このケースを常に装着するなら、画面の保護策を別途検討した方が良いかもしれない。

 一見するとシンプルなiPhoneケースだけれど、着けてみるとやっぱりやたら分厚い。下の写真を見ても一目瞭然だよね。

裏返す ケースを裏返す。四隅でiPhoneを支えるシンプルなiPhoneケースに見える
装着! カシっと装着。ご覧の通り四隅の縁はiPhone本体を支えるギリギリサイズで、縁を高くして画面を保護しようといった意図は感じられない

 そうそう、このケースは使う前に充電しておくこと。

 「iPhoneケースに充電」って考えると面白いけれど、この自撮り棒のグリップの所がBluetoothを使ったリモートシャッターになっていて、それに電力を供給するためのバッテリーに充電するのである。

 自撮り棒の部分を少し持ち上げてやるとMicro USB端子が現れる。ここにケーブルを挿して充電すればOK。Micro USB端子の右側にステータスLEDランプが付いていて、充電中はここが赤く光る。

 自撮り棒にある白いボタンはシャッター。充電後にここを長押しすると、LEDランプが青く点滅してペアリング(ひも付け)待機モードになる。この状態でiPhoneのBluetooth設定を開いてペアリングをすれば、このボタンをシャッターとして使えるようになる。

充電中の図 こんな感じで充電する。白いボタンはシャッターだ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう