今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年04月23日 15時34分 公開

決済機能に特化した「LINE Pay」アプリ、iOS版が登場

LINE Payが、決済機能に特化した「LINE Pay」アプリのiOS版を、4月23日に提供開始した。アプリを起動するだけで、支払い用のバーコードとQRコードを表示できる。LINE Payアプリで決済をすれば、15%還元キャンペーンの還元額が1万円にアップする。

[田中聡,ITmedia]

 LINE Payが、決済機能に特化した「LINE Pay」アプリのiOS版を、4月23日に提供開始した。Android向けLINE Payアプリは4月17日に配信済み。

 LINE Payアプリでは、バーコード/QRコードを使った決済が可能。通常、LINE Payは「LINE」アプリの「ウォレット」から利用する必要があるが、LINE Payアプリなら、アプリを立ち上げるだけで、店舗に読み取ってもらうバーコードとQRコード、店舗が表示したQRコードを読み取るリーダーが起動する。30万円(税込)未満なら、パスワード不要で支払える。

LINE Pay ワンタップでQRコードの表示が可能

 他に、LINE Payの加盟店を探すマップ機能、配信中とダウンロード済みのクーポンを管理できる機能も用意される。

LINE Pay 近くのLINE Pay加盟店を探す機能と、クーポンを管理する機能もある

 LINE Payは、4月18日0時から30日23時59分まで「平成最後の超Payトク祭!!!」を実施しており、LINE Payでの支払いで15%が残高に還元される。LINE Payアプリで支払うと、還元額の上限が5000円から1万円にアップする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう