連載
» 2019年05月06日 06時49分 公開

Androidのバッテリーを節約する10の方法スマホ×バッテリー快適ライフ(3/3 ページ)

[井上晃,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

(9)Googleアシスタントをオフにする

 「OK Google」で起動する、おなじみの「Googleアシスタント」。OK Googleに反応するためにバックグラウンドでマイクは動いていると思われる。オフにすることで、どこまでバッテリー持ちを改善する効果があるかは分からないが、その操作を紹介しておこう。

 まず、Googleアシスタントをオフにするには、以下の手順が必要だ。

Androidバッテリー 「設定」アプリから「Google」を選択し、「検索、アシスタントと音声」をタップ
AndroidバッテリーAndroidバッテリー 「Googleアシスタント」を選択し、次画面で「アシスタント」タブの下部にある「スマートフォン」をタップ(写真=左)、「Googleアシスタント」のスイッチを操作しよう(写真=右)

 しかし、この状態では「OK Google」に反応して、画面下部に「Googleアシスタント」を有効にするのを促すポップが表示されてしまう。これを無効にするには、下記の設定操作が必要だ。

Androidバッテリー 「設定」アプリから「アプリと通知」を選択し、「デフォルトアプリ」をタップ
AndroidバッテリーAndroidバッテリー 「アシストと音声入力」→「アシストアプリ」をタップ(写真=左)。「なし」を選択(写真=右)

(10)アカウントの自動同期をオフにする

 登録したアカウント情報からデータを同期する際に、バッテリーを消費している。これを抑えるためには、アカウントに関するデータの自動同期をオフにしておこう。

AndroidバッテリーAndroidバッテリー 「設定」アプリから「アカウント」を選択する

 また、不要なアカウントを端末から削除しておくとも節電につながるので、過剰にアカウントを登録している人は見直しておきたい。


 今回は標準的なAndroidの画面で節電に効果があると思われる設定手順を紹介した。しかし、繰り返しとなるが、Androidのスマートフォンはメーカーや機種ごとの仕様によって、搭載する機能や設定アプリの表示なども異なる。今回紹介した手順が、お手元の端末でそのまま実行できない場合には、機種依存の設定項目について、調べつつ試してほしい。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

過去記事カレンダー