ニュース
» 2019年05月10日 14時00分 公開

お手頃価格×大容量バッテリー×大画面 ソフトバンクから「LG K50」登場

ソフトバンクの2019年夏モデルとして、LGエレクトロニクス製のミドルレンジスマートフォンが登場する。夏モデルの中では最廉価(予定)ながら、バッテリー持ちや画面サイズの大きさにこだわったモデルとなっている。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは、LGエレクトロニクス製スマートフォン「LG K50」を7月上旬以降に発売する。ソフトバンク取扱店とWebサイトでの販売予約は、6月下旬以降に開始する予定だ。

LG K50(正面)
LG K50(背面) LG K50(左がスペースブルー、右がプラチナシルバー)

 LG K50は、ソフトバンクの2019年夏モデルとしては最廉価(予定)となる機種ながら、3500mAhの大容量バッテリーと6.26型のHD+(720×1520ピクセル)液晶ディスプレイを備えている。

 プロセッサはMediaTekの「MT6762」で、メインメモリは3GB、内蔵ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。イヤフォンマイク端子は別途備えている。

 アウトカメラは約1300万画素センサーと約200万画素センサーのデュアル構成で、200万画素センサーは背景をぼかすポートレート撮影時に利用する。AIによるシーン認識にも対応している。

 インカメラは約1300万画素センサーのシングル構成。こちらもソフトウェア処理によるポートレート撮影に対応する。

アウトカメラ アウトカメラはデュアル構成。200万画素センサーはポートレート撮影時に利用する

 本体サイズは約77(幅)×161(高さ)×8.7(奥行き)mm、重量は約172g(暫定値)。Iボディーカラーはスペースブルー、プラチナシルバーを用意。OSはAndroid 9をプリインストールする。

「LG K50」の主な仕様
機種名 LG K50
メーカー LGエレクトロニクス
OS Android 9
プロセッサ MediaTek MT6762
メインメモリ 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大512GB)
ディスプレイ 約6.26型TFT液晶ディスプレイ
解像度 HD+(720×1520ピクセル)
バッテリー容量 約3500mAh(交換不可)
連続通話時間 計測中
連続待受時間 計測中
アウトカメラ 約1300万画素CMOS+約200万画素CMOS
インカメラ 約1300万画素CMOS
ボディーカラー スペースブルー、プラチナシルバー
サイズ 約77(幅)×161(高さ)×8.7(奥行き)mm
重量 約172g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう