調査リポート
» 2019年06月25日 18時41分 公開

携帯の解約金が1000円になったら、約2割が乗り換え意向あり MMDの調査

MMD研究所は、6月24日に「携帯電話の違約金に関する調査」の結果を発表した。違約金を現在の9500円から1000円以下にするという案についての認知度は75.4%で、その場合の通信会社乗り換え検討者は20.2%。2年以上契約しているユーザーの理由は「不満がない」が最多。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、6月24日に「携帯電話の違約金に関する調査」の結果を発表した。対象はスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女642人で、調査期間は6月20日〜21日。

 携帯電話の2年契約を途中で解約する際、支払う違約金を現在の9500円から1000円以下にするという総務省案について「聞いたことがあり、内容を知っている」が41.0%、「聞いたことはあるが内容は知らない」の34.4%と合わせて認知度は75.4%となった。

Photo

 解約金が1000円になった場合、現在利用している通信会社を変更するかと聞いたところ「具体的に乗り換えたい通信会社がある」が5.6%、「具体的に乗り換えたい通信会社はないが検討する」の14.6%と合わせて20.2%が乗り換え意向を示した。続いて、乗り換え意向を示した130人を対象に乗り換え先の会社を聞いたところ「楽天モバイル」が43.1%、「Y!mobile」が26.9%、「au」が23.1%となった。

Photo
Photo

 現在契約している通信会社の契約年数を聞いたところ、最も多かった回答は「5年以上」で50.6%。次いで「1年以上、2年未満」「2年以上、3年未満」が9.8%となり、契約年数の平均は3年6カ月となっている。

Photo

 現在利用している通信会社を2年以上契約していると回答した461人へ、今まで通信会社を変更しなかった理由を複数回答で聞いた。「現在の契約プランに不満がないから」が33.2%と最も多く、次いで「家族とのシェア割引や通信量の共有をしているから」が29.1%、「乗り換える通信会社やその契約プランを調べることが面倒だから」が25.6%となった。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう