まとめ
» 2019年07月14日 06時00分 公開

分離プラン時代に選びたい、3万〜6万円台の最新ミッドレンジスマホまとめ(3/3 ページ)

[金子麟太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

耐久性能で選ぶなら「arrows Be3 F-02L」(ドコモ)

 富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォンで、ドコモオンラインショップでの販売価格は3万3048円。米国国防総省の調達基準であるMIL規格23項目に準拠する他、1.5mから落としても割れない試験をクリアする頑丈さが特徴。画面のスクロールや表示の拡大・縮小といった操作に使えるExliderが、縦横どちらの向きでもスクロールできるように進化した。スマホ初心者でも使いやすい「シンプルモード」も搭載しており、使い勝手を重視する方にオススメ。

 なお、外観やスペックは異なるが、ソフトバンクからはエントリーモデルの「arrows U」も販売されている。価格は3万720円。

arrows Be3 「arrows Be3 F-02L」
arrows Be3 左からホワイト、ブラック、ピンク

主なスペック

  • 一括価格:3万3048円
  • メーカー:富士通コネクテッドテクノロジーズ
  • 画面サイズ(解像度):5.6型(1080×2220ピクセル)
  • OS:Android 9.0
  • プロセッサ:Snapdragon 450
  • メインメモリ:3GB
  • 内蔵ストレージ:32GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大400GB)
  • アウトカメラ:1220万画素
  • インカメラ:810万画素
  • バッテリー容量:2780mAh
  • 防水・防塵:IPX5/8・IP6X
  • おサイフケータイ:〇
  • ワンセグ:〇
  • ワイヤレス充電:−
  • 本体サイズ:70(幅)×147(高さ)×8.9(奥行き)mm
  • 重量:145g
  • カラー:ホワイト、ブラック、ピンク

暗所撮影やカメラを使った調べ物なら「Pixel 3a」(ドコモ、ソフトバンク)

 Googleが開発したスマートフォンで、Google直販に加え、ドコモやソフトバンクが取り扱う。直販価格は4万8600円で、ドコモオンラインショップでの販売価格は4万6656円、ソフトバンクオンラインショップでの販売価格は5万7120円と最も高い。

 Pixel 3aのカメラ機能は上位モデルの「Pixel 3」と大差なく、今回紹介する機種の中で最も優れていると言っても過言ではない。シングルカメラながら背景ボカシができる他、鮮明な夜景撮影も可能。被写体を自動で認識し、その被写体についての情報や、それに似た物の情報を取得することができる機能「Google Lens」にも対応する。

Pixel 3a Pixel 3a(画像提供:Google)

主なスペック

  • 一括価格:4万8600円(ドコモ)、5万7120円(ソフトバンク)
  • メーカー:Google
  • 画面サイズ(解像度):5.6型(1080×2220ピクセル)
  • OS:Android 9.0
  • プロセッサ:Snapdragon 670
  • メインメモリ:4GB
  • 内蔵ストレージ:64GB
  • 外部ストレージ:−
  • アウトカメラ:1220万画素
  • インカメラ:800万画素
  • バッテリー容量:3000mAh
  • 防水・防塵:IPX2(防滴)・IP5X
  • おサイフケータイ:〇
  • ワンセグ:−
  • ワイヤレス充電:−
  • 本体サイズ:約70.1(幅)×151.3(高さ)×8.2(奥行き)mm
  • 重量:147g
  • カラー:Just Black、Clearly White、Purple-ish(ソフトバンクとGoogleのみ)

【訂正:2019年7月15日8時43分 初出時に、Pixel 3aの外部ストレージを「microSDXC(最大400GB)」としていましたが、外部ストレージ用のスロットは搭載していません。おわびして訂正致します】

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう