今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2019年07月25日 20時40分 公開

「メルペイ」「LINE Pay」など6つのコード決済が「JPQR」に切り替え 8月1日午前3時から

キャッシュレス推進協議会が策定した決済用QRコードの統一規格「JPQR」。「メルペイ」「LINE Pay」など6サービスが8月1日午前3時から同規格に切り替える(一部は既に対応済み)。2019年内にはさらに6サービスがJPQRに対応する予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 キャッシュレス推進協議会は7月25日、同協議会が定めた決済用QRコードの統一規格「JPQR」に準拠するコード決済サービスの第一陣を発表。8月1日午前3時に6サービスが同規格に切り替えることを発表した。

キャッシュレス推進協議会が決済用QRコードの統一規格「JPQR」への切替タイミングを「2019年8月1日午前3時」と発表 ニュースリリース

JPQRに移行する決済サービス

 8月1日午前3時以降、JPQRに準拠するコード表示を行う決済サービスは以下の通り。現時点ですでに同規格に準拠しているものも含まれる。

  • au PAY(KDDI)
  • 銀行Pay(GMOペイメントゲートウェイ)を用いる決済サービス(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • 楽天ペイ(アプリ決済)(楽天ペイメント)
  • りそなウォレット(りそな銀行)

年内にさらに6サービスがJPQRへ移行予定

 コード決済の「利用者提示型」では、利用者の端末でバーコードを表示し、店舗の端末でそれを決済を行う。この方式を用いる場合、コード決済事業者のJPQR対応コードと従来型コードの出し分けが困難である。そのため、同一のタイミングで事業者が一斉にJPQRに対応し、切り替える必要がある。

 移行の第1弾は「8月1日0時」の切り替えを予定していたが、混乱を避けつつ極力多くのサービスが一斉に切り替えられるようなタイミングを計った結果、予定より3時間遅れでの切り替えとなった。

 8月1日以降は準備が整ったサービスから順次JPQRに移行することになっており、2019年内にさらに6サービスが同規格に準拠する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう