店舗を変えるモバイル決済
調査リポート
» 2019年08月29日 17時06分 公開

キャッシュレス決済導入済みの個人店は35.2%、導入しない理由は「現金で十分」「手数料」

MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%、導入サービスは「クレジットカード」「QRコード決済」が多い。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、8月29日に「2019年7月 消費者/個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査 第2弾〜個人店編〜」の結果を発表した。調査対象は28歳〜69歳の自営業(飲食、小売り、サービス業などの個人店)で実店舗があり、決済手段に関する決定権を持つユーザーで、有効回答数は500人。調査期間は6月26日〜6月30日。

 キャッシュレス決済の導入について複数回答で聞いたところ、キャッシュレス決済を導入している個人店は35.2%。最も導入されているのは「クレジットカード、デビットカード」で29.0%、次いで「QRコード決済」が15.6%となった。

Photo

 キャッシュレス決済の導入店(176人)と未導入店(324人)へ各キャッシュレス決済のイメージを複数回答で聞いた。クレジットカード・デビットカードで最も差があった項目は「お客さんからの要望が多そう」で、キャッシュレス決済導入店の方が未導入店より20.4%高い。QRコード決済で最も差があったのは「決済手数料が高そう」で、キャッシュレス決済未導入店の方が導入店より17.3%高い結果となった。

Photo
Photo

 キャッシュレス決済の導入で期待する点について、キャッシュレス決済導入店は、クレジットカード・デビットカード、QRコード決済ともに「新規客が増えること」を特に期待すると回答。キャッシュレス決済未導入店は、クレジットカード・デビットカード、QRコード決済ともに「決済端末などの手数料や管理費が負担にならないこと」を特に期待すると回答。また、キャッシュレス決済を導入していない理由は「現金で十分、現金が一番」「決済手数料が気になる」といった声が多くなった。

Photo
Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう