ニュース
» 2019年09月09日 12時03分 公開

ソフトバンクが「半額サポート+」発表 48回払いで最大半額免除、他キャリアでも利用可能に

ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。2019年9月13日から提供する。改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。2019年9月13日から提供する。

 半額サポート+では、対象機種を48回払いで購入して加入し、25カ月目以降に同社が指定する方法で指定機種を購入すると、割賦代金の最大半額が免除される。他に、旧機種を回収すること、査定条件を満たすことも残債免除の特典の条件となる。プログラム利用料として、月額390円(不課税)×24カ月が発生する。

 旧機種が査定条件を満たさなかった場合、2万円(不課税)の支払いが必要になる。「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パック」「あんしん保証パックプラス」に加入している場合は2000円(不課税)の支払いとなる。

半額サポート+ 半額サポート+の概要

 現時点での対象機種は、以下の通り。

  • スマートフォン……iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Pixel 3、Pixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XL、Xperia 1、AQUOS R3、arrows U、LG K50
  • タブレット……iPad mini、iPad Air、iPad Pro(12.9型)、iPad Pro(11型)、MediaPad M3 Lite s、Lenovo TAB4
  • ケータイ……AQUOS ケータイ3、DIGNOケータイ2、かんたん携帯10
半額サポート+ 半額サポート+の割引イメージ

 現在提供している「半額サポート」と「機種変更先取りプログラム」は、9月12日に申し込み受け付けを終了する。

 なお半額サポート+は、ソフトバンク回線に契約していないユーザーでも利用でき、他キャリア向けには9月26日から提供する。つまりソフトバンクが“端末単体”を販売する形になる。

 2019年10月1日から施行される改正電気通信事業法では、通信の継続利用を条件とする端末割引が「2万円」までに制限される。今回の半額サポート+では「通信の継続利用」の条件を取り払ったことで、改正法に抵触しないようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう