速報
» 2019年12月18日 14時18分 公開

Google、Android版「Chrome 79」の配信再開 新規更新ユーザーは影響受けず

「WebView」採用アプリのデータが表示できなくなるバグの修正のために停止していたAndroid版Chromeのバージョン79のアップデートが再開した。バージョン79.0.3945.79へのアップデートで、問題は解消する見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは12月17日(現地時間)、全体の50%でアップデートの配信を停止していたAndroid版Chromeブラウザの、新たなアップデートの配信を開始したと発表した。

 chrome

 Chrome 79(バージョン79.0.3945.79)へのアップデート配信開始後、「WebView」を利用している一部のアプリのデータが表示されなくなる問題が発覚したため、配信を停止し、対策に取り組んでいた。

 新たなアップデートのバージョンは79.0.3945.93。バージョン79.0.3945.79にアップデートしていなかった端末は、このアップデートで問題なくChrome 79になる。バージョン79.0.3945.79にアップデート済みで、アプリの古いデータを失ってしまっていたユーザ−は、このアップデートで古いデータを復旧できるが、アップデート後に追加した新しいデータは表示できなくなる(データがなくなるわけではない)。

 将来的には表示できなくなったデータを回復するオプションを検討するとしている。

 このアップデートでは他に、オリジナルのバージョン79と同様に、パスワード保護の強化やブックマークの並べ替え機能などが追加される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう