世界を変える5G
連載
» 2020年01月05日 06時00分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:5Gスマホ市場に価格破壊 Xiaomiが約3万円の「RedMi K30 5G」を中国で発売

Xiaomiが5G対応スマートフォン「RedMi K30 5G」を1999元(約3万1000円)で発売。5Gスマホ市場に早くも価格破壊が起きようとしています。中国の5G利用者を増やす起爆剤になることはもちろん、他の新興国でも5G利用のハードルを大きく下げる製品といえます。

[山根康宏,ITmedia]
RedMi K30 カメラデザインにも特徴がある「RedMi K30」

 1億800万画素カメラを搭載する「Mi Note10」を5万円台で日本に投入したXiaomi(シャオミ)。コスパの高さで驚かせてくれましたが、地元中国でも新たな超コスパモデルを投入しました。それが「RedMi K30」です。シリーズには5G対応の「RedMi K30 5G」も提供。5Gスマホ市場に早くも価格破壊が起きようとしています。

RedMi K30 Xiaomi直営店「小米之家」でも一押し商品になっている

 RedMiはXiaomiの低価格モデルのブランド。1000元前後の低価格機などを多数出してきました。RedMi K30はその中でもスペックの高い製品で、高画質な6400万画素カメラ(+800万画素+200万画素+200万画素)を搭載、プロセッサにSnapdragon 730、メモリ8GB+ストレージ256GBという構成で1599元(約2万5000円)で販売中です。

 最上位モデルとなる「RedMi K30 5G」はその名の通り5Gに対応。SoCはSnapdragon 765Gを採用します。こちらの価格は1999元(約3万1000円)と、現在販売されている5Gスマートフォンと比べても安さが際立ちます。なお、どちらのモデルもプロセッサ/5G対応の有無以外は同スペック。4Gモデルと5Gモデルの2つが販売される形です。

RedMi K30 インカメラもデュアル。5G版と4G版の基本スペックは同等だ

 背面デザインはカメラ周りを円形の処理とし、その上に4つのカメラを縦に配置しています。この円形部分は盛り上がっているように見えますが実際は平らで、背面全体と光沢の入れ方を変えることでHuaweiのMate 30シリーズのような立体感ある外観としています。「円+縦の4カメラ」という構成は各社の最近のカメラ配置をうまく掛け合わせてまとめたもの、という印象です。

RedMi K30 カメラ周りは独特の仕上げにしている

 指紋認証センサーは本体右側面に配置。最近のXiaomiのスマートフォンの中低価格モデルではこのスタイルが定着しています。横から見るとカメラ部分の状態がよく分かりますが、6400万画素という高画質カメラを搭載しているためか、カメラ部分の出っ張りはやや目立つ感じもします。

RedMi K30 側面からカメラや指紋認証センサー周りを見る

 カメラのUI(ユーザーインタフェース)は最高画質の6400万画素で撮影するときに、メニューから「64M」を選んで切り替えて使います。Mi Note 10の1億800万画素カメラを使うときに「108M」を選択するのと同じUIです。6400万画素カメラで撮影した写真はファイルサイズも大きくなりますから、ここぞと思うときに選んで使う、という設計になっているのです。

RedMi K30 6400万画素カメラ使用時はメニューから切り替える

 RedMiシリーズの中では高価格モデルといえるRedMi K30ですが、6400万画素カメラと5G対応は大きな魅力です。5Gの対応周波バンドはn41とn78、4GはB1、3、5、7、8、34、38、49、40、41となるためそのまま日本に投入されることはないでしょうが、この価格で5Gスマートフォン作る技術があることをXiaomiは証明しました。中国の5G利用者を増やす起爆剤になることはもちろんですし、他の新興国でも5G利用のハードルを大きく下げる製品として海外展開が期待されます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう