店舗を変えるモバイル決済
ニュース
» 2020年02月27日 13時52分 公開

イオン、レジに並ばず買い物ができる「レジゴー」開始 専用スマホで会計

イオンリテールは3月から、レジに並ばずに買い物できる新サービス「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を本格展開する。貸し出し用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジの2次元バーコードを読み取り、買物データを連携。最後に支払い方法を選択するだけで簡単に会計できる。

[金子麟太郎,ITmedia]

 イオンリテールは3月から、レジに並ばずに買い物できる新サービス「どこでもレジ レジゴー(以下、レジゴー)」を本格展開し、2020年度中に東京、千葉、神奈川の「イオン」「イオンスタイル」を中心に約20店舗へ拡大する。

 来店者は、貸し出し用の専用スマートフォンで商品のバーコードをスキャンし、専用レジの2次元バーコードを読み取り、買い物データを連携。最後に支払い方法を選択するだけで簡単に会計できる。

smartphone 店舗の入口付近にて専用スマートフォンを手に取る。カートを利用する場合は、スマホホルダーにセットする
smartphone 画面上のスタートを押す
smartphone 専用スマートフォンのカメラで購入する商品のバーコードをスキャンする。3月からは画面上のタッチパネルでも商品を選択できる予定だ
smartphone 商品をスキャンすると画面上に商品名が表示される。複数の商品を買う場合は、画面上のプルダウンで個数を選択する
smartphone 会計は専用スマートフォンの画面に表示される「お支払い」を押した後に、専用レジの2次元バーコードを読み取るだけで買物データの送信が行われる
smartphone 支払いはレジで行う。現金、電子マネー「WAON」、クレジット決済に対応する

 レジの待ち時間をなくす取り組みについては、小売り店舗で導入が広がるセルフレジの他に、スマートフォンで事前注文し店舗で商品を受け取るサービスなどが導入されている。

 同社はレジゴーのメリットについて、「ユーザー自身で商品をスキャンして、専用スマートフォンで購入商品の確認ができるため、レジの待ち時間をなくせるだけでなく、自分のペースで買い物ができ、買い忘れ防止にもつながる」と説明する。

 今後は、買い物中のユーザーへ買得商品やメニューを提示するレコメンド機能を追加する他、買い物客のスマートフォンでも利用できるように、専用アプリの開発も行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう