世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月05日 11時00分 公開

おサイフケータイ対応ミドルレンジ:ソフトバンクが「OPPO Reno3 5G」を独占販売 7月下旬以降発売へ

中国OPPOのスマートフォンが、ついに大手キャリアから発売される。SoftBank 5Gに対応するミドルレンジモデルで、日本市場固有の機能である「おサイフケータイ」も利用できる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは7月下旬以降に、5G通信サービス「SoftBank 5G」対応のOPPO製スマートフォン「OPPO Reno3 5G」を発売する。同機種は、国内キャリアとしてはソフトバンクが独占して提供する。

OPPO Reno3 5G OPPO Reno3 5G

 プロセッサは、Qualcommの5Gモデムを統合したミドルレンジ向け「Snapdragon 765G」で、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは256GBを備えている。OSはAndroid 10をベースにOPPOがカスタマイズを施した「ColorOS 7.0」をプリインストールする。

 ディスプレイはフルHD+(1080×2400ピクセル)の6.55型有機ELで、画面左上のインカメラ周辺部にカメラ穴(パンチホール)が設けられている。バッテリーの容量は4025mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続端子はUSB Type-Cだ。OPPO独自の急速充電に対応しているので、20分で容量の約50%、56分で満充電できるという。

 アウトカメラは約4800万画素、約1300万画素、約800万画素、約200万画素のクアッド(4基)構成。インカメラは約3200万画素となる。

 5Gや4G(LTE/AXGP)ネットワークなどに対応しているが、ソフトバンク網での最大通信速度は「計測中」だ。Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)やBluetooth 5.1も利用可能で、おサイフケータイにも対応している。

 ボディーサイズは約72(幅)×159(高さ)×7.7(奥行き)mmで、重量は約171g。カラーはミスティ ホワイトのみとなる。

1色のみ カラーはミスティ ホワイトのみ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう