今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年03月13日 18時37分 公開

最短30分で配達する「PayPayダッシュ」、ヤフーとイオン九州が実証実験

ヤフーとイオン九州は、3月16日に即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を開始。福岡県天神エリア限定で、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を注文から最短30分で届ける。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ヤフーとイオン九州は、3月16日から即時配達サービス「PayPayダッシュ」の実証実験を展開する。終了時期は未定。

PayPayダッシュ PayPayダッシュ

 実証実験は福岡県天神エリアを対象に、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を注文から最短30分で届ける。ユーザーは3月13日に配信開始した「PayPayダッシュ」のアプリ上で配達先を指定して商品を注文すると、店舗で該当商品をピックアップした配達員が自転車で商品を届ける。支払いはユーザーの「PayPay」アプリ上で行う「PayPay」決済、または商品注文時に「PayPayダッシュ」のアプリ上で行うクレジットカード決済から選択可能だ。

PayPayダッシュ サービス利用の流れ
PayPayダッシュ サービス画面イメージ

 取扱商品は弁当、おにぎり、パン、カップ麺、飲料、お菓子、調味料など約150種類。送料は3月16日〜3月31日は無料とし、最低注文金額は700円〜2000円。送料や最低注文金額は、注文状況などによって変動する。

 実証実験は、イオン九州とソフトバンクやそのグループ企業が連携する物流分野の施策の第2弾。ソフトバンクは第1弾としてイオン九州とラストワンマイル配送の実証実験を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう