世界を変える5G
ニュース
» 2020年03月18日 11時00分 公開

ミリ波にも対応、下り最大4.1Gbpsのモバイルルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」【写真追加】

ドコモが、シャープのWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」を発表。3.7GHz帯と4.5GHz帯に加え、高周波数帯のミリ波(28GHz帯)もサポート。28GHz帯では理論値で下り最大4.1Gbps、上り最大480Mbpsの通信性能を持つ。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが3月18日、シャープ製のモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」を発表。2020年5月下旬以降に発売する。カラーはブラック1色。

Wi-Fi STATION SH-52A
Wi-Fi STATION SH-52A シャープのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION SH-52A」

 Wi-Fi STATION SH-52Aは、ドコモ発の5G対応Wi-Fiルーター。3.7GHz帯と4.5GHz帯に加え、高周波数帯のミリ波(28GHz帯)もサポート。28GHz帯では理論値で下り最大4.1Gbps、上り最大480Mbpsの通信性能を持つ。なお、ミリ波は2020年6月以降に対応する予定。LTEの通信速度は下り最大1.7Gbps、上り最大131.3Mbps。

 Wi-Fi 6もサポートしており、接続した機器は下り最大1.2Gbpsで通信できる。有線LANポートも内蔵しており、宅内の据え置き型ルーターとしても活用できる。同時接続台数は最大18台。モバイルWi-Fiルーターとしてだけでなく、テレワークや小規模オフィスなどでの利用も想定している。

 本体サイズは約157(幅)×84(高さ)×16(奥行き)mm、重量は未定。バッテリー容量は4000mAh。

Wi-Fi STATION SH-52A
Wi-Fi STATION SH-52A
Wi-Fi STATION SH-52A

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう