速報
» 2020年04月03日 10時55分 公開

新型コロナの影響で第1四半期のアプリ支払高が過去最高の234億ドルに──App Annie調べ

App Annieによると、新型コロナの拡大が始まった第1四半期(1〜3月)は、世界での平均アプリ滞在時間が20%増加し、アプリストアでの支出高は15%増の234億ドル(約2兆5300億円)だった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米アプリ調査会社App Annieは4月2日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症が世界のモバイルアプリ利用に与えている影響についてレポートした。対策のための在宅勤務推奨やロックダウン(都市封鎖)実施の影響で、アプリでの滞在時間、ダウンロード数、支出高が増えている。

 新型コロナウイルス感染症の拡大が始まった2020年第1四半期(1〜3月)は、各国でモバイルアプリに費やす時間が軒並み2桁台の増加率(前年同期比)だった。中国では1日当たりの滞在時間が30%増の5時間、イタリアは11%増だった。週当たり滞在時間は、イタリアが30%、フランスが15%、米独が10%増だった。

 annie 1 1週間当たりの平均アプリ滞在時間の国別推移(2019年第4四半期〜3月。資料:App Annie)

 世界全体では前年同期比20%増だった。

 annie 2 1週間当たりの平均アプリ滞在時間推移(世界。資料:App Annie)

 アプリ内購入を含むアプリストアでの支出とダウンロード数も増加している。第1四半期のアプリストアでの支出は前年同期比15%増の234億ドル(約2兆5300億円)で、過去最高だった。ダウンロード数は、Google Playストアでは5%増の225億件、App Storeでは15%増の90億件以上だった。

 Google Playストアではゲーム以外のアプリが55%を占め、App Storeでは65%を占めた。

 annie 3 第1四半期のアプリストア別ダウンロード数(薄いピンクがゲームアプリ。資料:App Annie)

 カテゴリ別では、Google Playストアではゲームのダウンロードが最大ではあったが、健康&フィットネスが40%、教育関連が35%、ビジネス関連が30%と大きく増加した。

 App Storeでも、教育関連が40%、ビジネス関連が35%、健康&フィットネスが30%増加した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう