ニュース
» 2020年04月23日 17時37分 公開

シャープ製Android端末に脆弱性 アップデートで対応

IPAとJPCERT/CCが、4月23日にシャープ製Android搭載端末に情報漏えいの脆弱性が存在すると発表した。対策方法として、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)とJPCERT/CC(JPCERTコーディネーションセンター)が、4月23日にシャープ製Android搭載端末に情報漏えいの脆弱(ぜいじゃく)性が存在すると発表した。

IPA AQUOS SH-M02

 端末内のアプリにより、当該製品内の機微な情報を取得される可能性があると指摘。対策方法として、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。対象端末は以下のとおり。

  • AQUOS SH-M02 ビルド番号「01.00.05」を含む以前のもの
  • AQUOS SH-RM02 ビルド番号「01.00.04」を含む以前のもの
  • AQUOS mini SH-M03 ビルド番号「01.00.04」を含む以前のもの
  • AQUOS ケータイ SH-N01 ビルド番号「01.00.01」を含む以前のもの
  • AQUOS L2(UQ mobile/J:COM) ビルド番号「01.00.05」を含む以前のもの
  • AQUOS sense lite SH-M05 ビルド番号「03.00.04」を含む以前のもの
  • AQUOS sense (UQ mobile) ビルド番号「03.00.03」を含む以前のもの
  • AQUOS compact SH-M06 ビルド番号「02.00.02」を含む以前のもの
  • AQUOS sense plus SH-M07 ビルド番号「02.00.02」を含む以前のもの
  • AQUOS sense2 SH-M08 ビルド番号「02.00.05」を含む以前のもの
  • AQUOS sense2 (UQ mobile) ビルド番号「02.00.06」を含む以前のもの

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう