ニュース
» 2020年05月25日 16時15分 公開

eSIM対応iPhone向け「トラベルeSIM」登場 2020年内は980円(税込み)で販売

海外渡航者向けのプリペイドSIMカード「トラベルSIM」に、eSIM対応iPhoneでの利用に特化した製品が(再)登場した。国内を含むどこかで1年に1回使えば、プリペイド残高の有効期限が延長される。

[井上翔,ITmedia]

 PANNAM トラベルSIMは5月25日、eSIM対応iPhoneで利用できる「トラベルeSIM for iPhone」を発売した。同社の直販サイトでは、2020年12月末まで「レンタルWi-Fiからの乗り換えキャンペーン」として、2020年12月末まで980円(税込み)で販売される。

バナー

 トラベルeSIM for iPhoneは、海外での利用を想定したプリペイドeSIMサービス。購入後に発行されるQRコードをiPhoneで読み込むことで、その場で利用できるようになる。商品のやりとりが発生しないため、衛生面でのリスクを回避できることが特徴だ。

 5月25日現在の対応機種は以下の通り。ただし、大手キャリアを経由して販売された端末については、事前に「SIMロック」を解除しておく必要がある。

  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
DSDSもバッチリ 日本で使っている電話番号(SIMカード)はそのままに、海外で割安に使えるeSIMが追加できる(eSIMの電話番号宛の無料着信は世界100カ国以上で対応)

 月額料金は無料だが、利用開始前にプリペイド残高のチャージ(クレジットカードのみ対応)を行う必要がある。残高は最終利用日から1年間有効で、1年に1度でも利用すれば有効期限は延長される。

パック 利用開始前にプリペイド残高のチャージが必要。渡航先によっては、データ通信が割安となる「データパック」や「オートチャージ」も利用できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう