ニュース
» 2020年08月18日 20時41分 公開

ドコモの一部機種でLINEアプリの提供終了 らくらくスマートフォン2/3やAQUOSケータイなど

NTTドコモは8月18日、一部機種で「LINE」アプリサービスが提供終了することを案内した。終了時期は2020年9月中旬を予定している。「らくらくスマートフォン2/3」や「ARROWSケータイ(F-05G)」「AQUOSケータイ(SH-06GとSH-01J)」などが対象。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは8月18日、一部機種で「LINE」アプリサービスが提供終了することを案内した。終了時期は2020年9月中旬を予定している。

 LINEは、安全で安定したサービスを提供するにあたって対応OSバージョンを見直しており、これに伴う措置。ドコモは、これまで通りLINEアプリを利用するには機種変更をするよう勧めている。

 AndroidとiOSでver.8.17.0未満のLINEアプリは利用できなくなる他、以下の機種も対象。トークの閲覧・バックアップを含め、全ての機能が利用できなくなる。

  • らくらくスマートフォン2(F-08E)
  • らくらくスマートフォン3(F-06F)
  • ビジネススマートフォン(F-04F)
  • ARROWSケータイ(F-05G)
  • AQUOSケータイ(SH-06G)
  • P-smartケータイ(P-01J)
  • AQUOSケータイ(SH-01J)
  • らくらくホン(F-02J)

 対象機種のLINEアプリ配信は2019年11月5日で終了しており、11月5日以前にLINEアプリをダウンロードして使っている人が対象になる。

らくらくスマートフォン3 「らくらくスマートフォン3」(2014年7月発売)
AQUOSケータイ 「AQUOSケータイ SH-01J」(2016年10月発売)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう