世界を変える5G

ASUSが5G対応「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」を台湾で発表 フリップカメラを強化して約8万円から

» 2020年08月26日 18時30分 公開
[井上翔ITmedia]

 ASUSは8月26日、5Gスマートフォン「ZenFone 7(ZS670KS)」「ZenFone 7 Pro(ZS671KS)」を発表した。台湾での想定販売価格は、ZenFone 7が2万1990台湾ドル(約8万円)から、ZenFone 7 Proが2万1990台湾ドル(約10万1300円)となる。

 なお、日本での発売は未定だ。

ZenFone 7 ZenFone 7

ZenFone 7/7 Proの概要

 ZenFone 7とZenFone 7 Proは、2019年5月に発表された「ZenFone 6」の後継モデル。両機種共に5G(第5世代移動通信システム)に対応しつつ、プロセッサやメモリで差別化を図っている。

 両機種はボディーを共有しており、プロセッサなど一部のハードウェアを変更することで価格面での差別化を図っている。

 プロセッサはQualcomm製で、ZenFone 7が「Snapdragon 865」、ZenFone 7 Proが「Snapdragon 865 Plus」を搭載する。メインメモリは6GB(ZenFone 7のみ)または8GBで、内蔵ストレージはZenFone 7が128GB、ZenFone 7 Proが256GBを備える。両機種共に、最大で2TBのmicroSDを装着可能だ。

 ディスプレイはフルHD+(1080×2400ピクセル)の6.67型有機ELで、HDR+規格のHDR(ハイダイナミックレンジ)表示に対応する。リフレッシュレートは90Hzだ。パネルガラスにはCorningの強化ガラス「Gorilla Glass 6」を採用している。

ディスプレイ回り リフレッシュレート90Hzの6.67型有機ELディスプレイを搭載。後述するフリップカメラがインカメラを兼ねることから切り欠き(ノッチ)や穴(パンチホール)もない

 フリップカメラは約6400万画素の広角カメラ(F1.8、視野角78.3度)、約1200万画素の超広角カメラ(F2.2、マクロ撮影対応)、約800万画素の望遠カメラ(光学3倍/デジタル12倍)のトリプル構成で、ZenFone 7 Proの広角カメラと望遠カメラにはOIS(光学手ブレ補正)機能も付与している。

 動画撮影では「8K(7680×4320ピクセル)/毎秒30フレーム」「4K(3840×2160ピクセル)/毎秒60フレーム」の撮影に対応している。ただし、8K撮影中は途中での静止画撮影には対応しない。4K動画撮影についてはモーショントラッキングにも対応している。3つの本体マイクが、アングルに合わせて最適に音声を集めるようになっているという。

トリプルカメラ フリップカメラはトリプル構成に。ZenFone 7とZenFone 7 Proで同じセンサーと光学特性を持つレンズを採用しているが、ZenFone 7 Proのみ広角カメラと望遠カメラに光学手ブレ補正機構を搭載している

 バッテリー容量は5000mAhで、USB Power Delivery(USB PD)規格またはQuick Charge 4規格の超急速充電に対応している。本体の外部接続端子(USB Type-C)は30Wの電源入力をサポートしており、本体にもUSB PD規格に準拠する30W(10V/30A)出力のACアダプターが付属する。イヤフォンマイク端子は用意されていないため、USBオーディオ規格に準拠したイヤフォンマイクアダプター、またはUSBイヤフォンマイクを用意する必要がある。

 指紋センサーは本体側面の電源キーと統合された。2回続けて押すことで任意のアプリを起動する機能も備えている(標準では「Googleアシスタント」が起動)。

バッテリー 内蔵バッテリーは5000mAh。USB PDまたはQuick Charge 4による超急速充電にも対応している

 モバイル通信では、2枚のNano SIMを搭載できる。SIMスロットはmicroSDと排他にならないようになっている。対応規格と周波数帯(Band)は以下の通りだが、販売地域によって変更される場合がある。

  • 5G NR(※1):Band n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78
  • FD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/29
  • TD-LTE:Band 38/39/40/41
  • W-CDMA:Band 1/2/3/4/5/6/8/19
  • GSM:850/900/1800/1900MHz帯

(※)NSA(ノンスタンドアロン)構成ネットワークの場合。SA(スタンドアロン)構成のネットワークではBand n77とn78のみ対応

 最高通信速度(理論値)は、5G通信時が下り3.6Gbps/上り542Mbps、LTE通信時が下り1.8Gbps/上り150Mbpsとなる。

 その他のワイヤレス通信は、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.1とNFCに対応する。

モバイル回り モバイルネットワーク回りの仕様

 ボディーサイズは約77.28(幅)×165.08(高さ)×9.6(厚さ)mmで、重量は約230gとなる。ボディーカラーはPastel WhiteとAurora Blackの2つを用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  4. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  9. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー