今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年10月01日 18時03分 公開

「pixiv PAY」が12月1日で終了 環境変化でサービス継続が困難に

ピクシブは、QRコード決済サービス「pixiv PAY」を12月1日で終了する。10月1日に「pixiv PAYポイント」の販売も終了し、売上金の振込申請とポイントの払い戻しは12月15日で受付終了となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ピクシブは、QRコード決済サービス「pixiv PAY」を12月1日で終了。あわせて、10月1日に「pixiv PAYポイント」の販売も終了する。

au PAY はじめよう au PAY!1000円(相当)分の残高プレゼント

 2017年8月10日にサービスを開始したpixiv PAYでは、同人誌の即売会などでの使用を想定し、レジ機能やQR決済を提供してきた。しかし昨今の大きな環境変化により、pixiv PAYを主に使っている即売会などのリアルイベントの在り方が変わりつつあり、サービスを継続するのが困難だと判断したという。

 売上金の振込申請は12月15日に停止となるため、期日までに振込先の銀行口座をアプリへ登録して振込申請を完了するよう呼び掛けている。「マイページ」→「設定」→「売上金の管理」から口座の登録と売上金の振込申請が可能で、売上金が200円以下の場合は振込できない。また、売上記録のダウンロードは12月1日で終了となる。

 銀行口座の登録のみで振込申請がされなかった場合は、12月15日時点で登録している銀行口座に全額振込となる。なお、12月15日時点で銀行口座が登録されてない場合は売上金の振込は行われない。

 pixiv PAYポイントの残高があるユーザーは、指定フォームからpixiv PAYアカウントとひもづくpixivアカウントの情報、払い戻しを希望する銀行口座を連絡する必要がある。払い戻しの申請期間は12月15日まで。購入から180日経過してるpixiv PAYポイントは消失し、消失したpixiv PAYポイントの払い戻しは対応できない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう