ニュース
» 2020年11月10日 17時15分 公開

ポケトークが翻訳エンジンに「DeepL翻訳」採用、「英語(ゆっくり)」も追加

ソースネクストは、11月11日からAI通訳機「POCKETALK W」「POCKETALK S」「POCKETALK S Plus」を無償アップデート。対応言語の拡大や翻訳エンジンの一部へ「DeepL翻訳」を採用した。連続待受時間が伸びるよう改善。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソースネクストは、11月11日からAI通訳機「POCKETALK W」「POCKETALK S」「POCKETALK S Plus」の無償アップデートを順次実施する。Wi-Fiに接続し、ソフトウェア更新を行えば新機能を利用できる。

POCKETALK POCKETALK S

 「POCKETALK(ポケトーク)」は、お互いが自国語のまま対話できるAI通訳機。58言語を音声・テキストに翻訳し、24言語をテキストのみに翻訳可能で、世界137の国・地域で利用できるモバイル通信機能を内蔵している。

POCKETALK アップデート内容

 これより音声とテキスト翻訳に「アルバニア語」「ボスニア語」「マケドニア語」の3言語、テキストのみ翻訳に「ウズベク語」「エストニア語」「バンジャーブ語」「モンゴル語」の4言語を追加。翻訳エンジンの一部へ新たに「DeepL翻訳」を採用し、翻訳精度が向上するという。

 対応言語に「英語(ゆっくり)」を追加し、設定するとゆっくり発話するためリスニング練習の際により聞きやすくなる。連続待受時間も改善し、POCKETALK Sが約2.5日から約6日、POCKETALK S Plusが約3日から約9日となった。

 12月以降も「翻訳方向補正機能」「発音練習機能」を追加し、2021年2月には「ハンズフリー翻訳機能」をβ公開する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10