ニュース
» 2020年11月16日 14時39分 公開

ドコモが「ウインドウスルー会話装置」販売 窓を開けずに会話が可能に

NTTドコモらは、NTTの音響信号処理技術を活用した「ウインドウスルー会話装置」を販売開始。通信回線や通信機器との接続は不要で、閉めた状態の窓ガラスやアクリル板に機器を押し当てることでスムーズな会話を実現するという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモとNTTテクノクロスは、11月24日からNTTの音響信号処理技術を活用した「ウインドウスルー会話装置」を販売する。

NTTドコモ 「ウインドウスルー会話装置」のイメージ

 本製品は、NTTメディアインテリジェンス研究所が開発したウインドウトーク技術を搭載した受話器型の機器。閉めた状態の窓ガラスやアクリル板に機器を押し当てながら話すと、内蔵のエキサイター(振動素子)がガラスやアクリル板を振動させ、相手に声を伝えることができる。相手の声は機器内蔵のマイク(振動ピックアップ)で集音してイヤフォンマイクで聞けるため、窓などを開けなくても双方向でスムーズな会話が行えるという。

NTTドコモ 動作イメージ

 通信回線や通信機器との接続は不要で、単三電池2本で10時間程度連続利用が可能。ドライブスルー方式の外来診療(PCR検査など)や介護や医療現場での面談、商店などの接客をはじめ、さまざまなケースへ電源供給を気にせずに持ち運んで利用できる。

 NTTドコモでは法人利用者へ販売し、業界ごとの利用シーンにあわせたカスタマイズも提供可能。装置の形状変更やガラスへの固定、希望のデバイスに装置のソフトウェアを組み込むなども行える。NTTテクノクロスでは法人・個人経営のユーザーへ1台から販売を行い、価格は販売店や販売形態によって異なる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10