ニュース
» 2020年11月19日 16時25分 公開

Apple、App Storeの手数料率を15%に 年間収益100万ドル以内の事業者が対象

Appleは、11月18日に「App Store Small Business Program」を発表。年間収益が100万ドル以内の小規模事業者を対象とし、2021年1月1日から手数料率を30%から15%に引き下げる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Appleは、11月18日に「App Store Small Business Program」を発表した。年間収益が100万ドル(約1億400万円)以内の小規模事業者を対象とし、手数料率を30%から15%に引き下げるという。適用は2021年1月1日以降。

 本プログラムでは、2020年の収益が合計100万ドル以内の事業者は手数料率が引き下げられ、手数料控除後の売り上げ金額が100万ドルを超える収益に達している場合は従来の30%が維持される。100万ドルを超えた時点で残りの期間は標準の手数料率が適用され、100万ドル未満になった場合は翌年の手数料率が15%になる仕組み。プログラムの詳細は12月初旬に発表する。

Apple 2021年1月1日に「App Store Small Business Program」を実施

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう