調査リポート
» 2020年12月01日 12時08分 公開

調査レポート:7〜9月の世界スマートフォン販売、5.7%減 Appleは4位にランクダウン

米調査会社Gartnerによる7〜9月期の世界スマートフォン販売は前年比5.7%減。前期は20%以上の減少だったため、コロナ禍の影響から回復しつつあると同社はみている。メーカー別ランキングではXiaomiがAppleを抜いて初めて3位になった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社Gartnerは11月30日(現地時間)、第3四半期(7〜9月)の世界におけるスマートフォン市場に関する調査結果を発表した。総販売台数は新型コロナの影響もあり、前年比5.7%減の3億6600万台だった。

 前四半期は連続で20%減だったため、同四半期も減少とはいえ、回復の兆しが見えるとしている。Gartnerのシニアリサーチディレクター、アンシュル・グプタ氏は、コロナ禍で消費者は支出を抑えているが、「スマートフォンの売り上げは第2四半期から第3四半期にかけて緩やかな成長を遂げた。これは前四半期からの需要の停滞によるものだ」と語った。

 メーカー別ランキングでは、韓国Samsung Electronicsが前四半期に続けてトップだった。2位以下は、中国Huawei、中国Xiaomi、米Apple、中国OPPO。XiaomiがAppleを抜いて3位になったのはこれが初だ。

 lanking 2020年第3四半期のメーカー別世界スマートフォン販売トップ5(単位:千台、資料:Gartner)

 前年同期で増加したのはSamsungとXiaomiのみだった。Xiaomiは34.9%増。Xiaomiは米国による制裁で苦戦するHuaweiから市場を奪った形だ。

 4位に落ちたAppleは、前年比で0.6%減。例年9月に発売するiPhoneの新モデルを10月発売にしたのが主な原因とGartnerは指摘する。iPhone発売月を含む第4四半期にはシェアの差が1ポイントのXiaomiを抜き返しそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう