オリコンのMVNO満足度ランキング SIM単体はBIGLOBEモバイル、端末セットはイオンモバイルが1位

» 2020年12月02日 16時00分 公開

 oricon ME(オリコン エムイー)は、12月1日に「格安SIM/スマホ満足度調査」の結果をオリコン顧客満足度の公式サイト内で発表した。

oricon ME 格安SIM/スマホ総合ランキング

 本調査では、過去1年以内にMVNOのSIMカードを新規(MNP含む)で契約して開通設定したユーザー1349人を「格安SIM」、過去1年以内に、MVNOのSIMカードとSIMフリー端末を新規(MNP含む)で同時購入して開通設定を行ったユーザー925人を「格安スマホ」とし、1カ月以上継続した利用経験などを条件としている。調査期間は7月14日〜8月3日。

 2014年の調査開始から7回目となる格安SIMランキングでは、前回(2019年)5位だった「BIGLOBEモバイル」が初の総合1位を獲得。加入手続き、つながりやすさ、プランの充実度、初期設定のしやすさの他、保証サービスや付帯サービスの項目でも1位となっている。一方、mineoがサポートサービスで4年連続、コストパフォーマンスで3年連続の1位となった。

oricon ME 格安SIM項目別ランキング

 2015年の調査開始から6回目となる格安スマホ(端末セット)ランキング総合1位は「イオンモバイル」で、2017年に次いで通算2度目の1位を獲得。評価項目では、全9項目のうち加入手続き、つながりやすさ、プランの充実度、保証サービス、サポートサービス、コストパフォーマンスの6項目で1位となり、中でもプランの充実度で高い評価を得ている。端末のラインアップは総合4位の「OCN モバイル ONE」が1位となった。

oricon ME 格安スマホ項目別ランキング

 両調査の回答者2274人へ「サービスの利用を決めた理由」を複数回答で聞いたところ「月々の支払いが少なくなるから」が63.7%、「キャンペーンに魅力を感じたから」が34.8%、「料金プランが豊富だったから」が20.2%となった。利用前に「最も重視した項目」を複数回答で聞いたところ「料金プランの分かりやすさ」が52.3%でトップとなり、以降「料金に対するサービスの質」が37.6%、「加入キャンペーン」が35.1%、「インターネットのつながりやすさ・通信の安定性」が26.7%と続いた。

oricon ME サービスの利用を決めた理由/重視した項目

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー