世界を変える5G
コラム
» 2020年12月07日 20時00分 公開

ドコモの「データプラス」を電話で「5Gデータプラス」にするまでのドキュメントふぉーんなハナシ(ロング版)(2/2 ページ)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

12月1日17時20分頃:折り返し電話が来た(第1回)

 「電話は明日(12月2日)かな?」と思って気を抜いていた所、約3時間半後に折り返しの電話がかかってきました。

 ここからのやりとりは若干長いので、やりとりしたことを箇条書きにしてみます。

  • 手続きをする電話番号の確認
  • 現在のプランと、契約変更後のプランの確認
  • 契約解除料の案内(掛からない場合もその旨が案内される)
  • 5G契約にする際の注意点の案内(事務手数料が掛かることも含む)
  • 「ケータイ補償サービス」に関する確認(継続するか廃止するか)

 これで、終わり……と思いきや、契約書面の作成を行い、別の担当者と相違ないか確認してから再度電話をするとのこと。電話窓口での手続きですが、やっていることはドコモショップと変わらないようです。

12月1日17時40分頃:折り返し電話が来た(第2回)

 約20分後、折り返し電話が掛かってきました。ここで契約内容の最終確認と、重要事項説明の読み上げが行われます。

 読み上げられる重要事項はドコモショップでの手続きと同様で、今回は契約変更となるため「初期契約解除」に関する説明も行われます(参考記事)。

 全てを承諾すると、契約変更の手続きは完了です。

全てが完了 家から一歩も出ることなく、5Gデータプラスに変更された

12月6日:契約書類が届く

 実は、これで全て終わりではありません。電話で契約変更手続きをした場合、申込書の控えと重要事項説明書が後日、簡易書留で届きます

 申込書の控えは、ドコモショップなどで交付されているものと全く同じです。向こう24カ月間の料金計算書(支払い額の案内)や、電話で読み上げられた初期契約解除についての説明書も添付されます。

控え 後日、申込書の控えが届く

まとめ:思ったよりもスムーズだった Webでできるとベター

 無事、データプラスの契約を5Gデータプラスに変更できました。

 今回は電話での手続き、しかも受付開始日に問い合わせたこともあり、「時間が掛かることやトラブルの発生は百も承知!」という心持ちで臨んだのですが、良い意味で「拍子抜け」な結果となりました。これだけスムーズに進むのであれば、電話での手続きも悪くはありません。

 ただ、率直にいえばWebでの手続きも用意してほしいと思う次第です。電話よりも時間的制約は減らせるでしょうし、利便性向上という意味で検討に値すると思います。

 ドコモにおかれましては、「ahamo(アハモ)」以外のプランについても、Webで完結できる範囲を広げるべく取り組んでほしいです……。

おまけ:FOMA/Xi→5G契約に当たっての注意点

  • FOMA/Xi契約から5G契約に変更する場合、バージョン4以降の「ドコモnanoUIMカード」を使っている場合はUIM(SIM)カードの交換は不要です
  • 5G契約に切り替えると、FOMAエリアでの通信ができなくなります
  • 5G契約に切り替えた後のUIMカードは、一部のXi端末において正常に動作しません。動作する場合でも、ドコモによる動作保証はありません(参考リンク:PDF形式)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう