ニュース
» 2020年12月10日 17時02分 公開

ソニー、月額980円の見守りサービス「amue link」提供 チップSIM内蔵の小型端末を使用

ソニーは、チップ型SIMを搭載したコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリを利用した見守りサービス「amue link」を提供開始。GPSに対応し、AIを用いた移動手段の検知やボイスメッセージ機能を備える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソニーは、チップ型SIMを搭載したコミュニケーション通信端末「LM-01」と専用アプリを利用した見守りサービス「amue link」を発表した。

ソニー 見守りサービス「amue link」

 LM-01はGPSに対応し、端末から発信される情報はスマートフォンの専用アプリで確認できる。加速度・ジャイロ・気圧・地磁気・温度センサーからのデータを組み合わせ、AIを用いて徒歩・停止・自転車・車・バス・電車といった移動手段も検知できる。経路に加えて温度など周りの環境も確認できる。アプリでスポット(場所)を設定すると、端末がそのスポットへ到着、出発した際に通知を受け取れる。

ソニー アプリの画面イメージ

 端末のマイクを通じたボイスメッセージ機能も備え、端末からのメッセージ送信はボタンを押すだけというシンプルな仕組み。アプリ(スマートフォン1台)には最大5台のLM-01を登録でき、1台のLM-01に対してスマートフォンは5台まで見守りができる。

 製品サイズは約26(幅)×60(高さ)×12.3(奥行き)mm、重量は約23.7g。ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する高速光回線サービス「NURO 光」のオプションサービス「amue link for NURO」として12月10日に受付開始し、12月中旬より順次サービスを提供する。

 月額利用料金は980円(税別、以下同)で、別途初期費用が3000円必要。端末価格は一括払いが1万2600、分割払いは月350円×36カ月間。

ソニー コミュニケーション通信端末「LM-01」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう