ニュース
» 2020年12月15日 15時37分 公開

「東京メトロmy!」アプリ」がバージョンアップ、「ひと駅歩く検索」や混雑確認などを追加

東京メトロは、12月15日「東京メトロmy!アプリ」をバージョンアップ。経路検索結果からひと駅分歩くルート表示や「dヘルスケア」「あるく保険」などとのアプリ連携、混雑状況の表示を行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東京メトロは、12月15日に大都市型MaaSの取組み「my! 東京MaaS」の一環として「東京メトロmy!アプリ」をバージョンアップした。対応OSは、iOS 12.0以降/Android 6.0以降。

東京メトロ 「東京メトロmy!アプリ」画面イメージと連携パートナー

 経路検索結果に表示される「ひと駅歩く」ボタンを押すと、電車ではなく一駅分歩くルートを表示する「ひと駅歩く検索」が利用できるようになる。

 日々の目標歩数を達成するdポイントを付与する「dヘルスケア」と、1日8000歩以上歩くと保険料の一部が返ってくる「あるく保険」とのアプリ連携も開始し、経路検索結果画面などから起動できるようになる。あるく保険のアプリ起動はiOS版のみ。

 シェアサイクルサービス「bike share service」では、経路検索の結果を引き継いでアプリを起動することが可能。列車内の混雑状況が確認しやすくなるアイコン表示も行う。なお、銀座線渋谷駅の駅構内カメラ映像は、実証実験の終了に伴い終了した。

photo
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう