ニュース
» 2020年12月18日 17時19分 公開

「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」開催 「ハイエンド」「ミッドレンジ」で計10機種がノミネート

ITmedia Mobileでは、2020年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」を開催。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で1機種を選定した。今回は最終候補に残った10機種を発表する。

[ITmedia Mobile編集部,ITmedia]

 ITmedia Mobileでは、2020年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」を開催します。

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー 「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」を開催

 審査の対象となるのは、2019年12月17日から2020年12月7日までに発売したスマートフォン(複数チャンネルで販売される場合、一番早い発売日を基準としています)。選考委員とITmedia Mobile編集部がそれぞれ5機種を推薦し、その中で特に票が集まった10機種をノミネート機種として選定しました。

 スマートフォンの価格帯がハイエンドとミッドレンジで2極化していることを鑑み、2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ(計10機種)、最終的に各部門で1機種(計2機種)を選定します。ハイエンド部門は5万円(税込み)以上のスマートフォンを、ミッドレンジ部門は5万円(税込み)未満のスマートフォンを対象とします。販売チャネルやストレージ容量で1機種でも5万円未満のモデルがあれば、ミッドレンジの対象とします。

 選考委員とITmedia Mobile編集部がそれぞれ5機種を推薦し、その中で特に人気のあった10機種をノミネート機種として選定しました。なお、5機種の中で、ハイエンドかミッドレンジの対象機種が必ず1機種以上は入るようにしています。

 2020年の選考委員は、ITmediaなどで活躍し、1年間を通じて携帯電話業界を取材してきた石川温氏、石野純也氏、太田百合子氏、佐野正弘氏、島徹氏、房野麻子氏、村元正剛氏、山根康宏氏(五十音順)の8人とITmedia Mobile編集部です。

 選考委員は、ハイエンド部門とミッドレンジ部門で各25点の持ち点を配分して投票します。1位の機種には10点、2位以下の機種には1機種9点を上限として残りの15点を自由に配分できます。

 審査対象機種から、スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020の最終選考に残ったのは、以下の10機種です(アルファベット順)。

ハイエンド部門

  • Galaxy Note20 Ultra 5G(サムスン電子)
  • iPhone 12 mini(Apple)
  • iPhone 12 Pro(Apple)
  • iPhone 12 Pro Max(Apple)
  • Xperia 1 II(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
スマートフォン・オブ・ザ・イヤー ハイエンド部門のノミネート機種。左からGalaxy Note20 Ultra 5G、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、Xperia 1 II

ミッドレンジ部門

  • AQUOS sense4(シャープ)
  • iPhone SE(第2世代)(Apple)
  • Mi 10 lite 5G(Xiaomi)
  • Redmi Note 9S(Xiaomi)
  • TCL 10 5G(TCL)
スマートフォン・オブ・ザ・イヤー ミッドレンジ部門のノミネート機種。左からAQUOS sense4。iPhone SE(第2世代)、Mi 10 Lite 5G、Redmi Note 9S、TCL 10 5G

 各部門で2020年の頂点に輝くのは、どの機種になるのでしょうか。最終発表は12月下旬を予定しているので、ご期待ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう