今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年12月24日 19時00分 公開

南海電鉄の改札機で「Visaのタッチ決済」「QRコード」の実証実験

三井住友カードらは、2021年春から南海電鉄の駅で「Visaのタッチ決済」と「QRコード」を利用した入出場の実証実験を実施。事前にアプリまたはWebサイトで購入し、直接入出場できることで利便性向上と接触頻度の低減を図る。

[エースラッシュ,ITmedia]

 南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンが12月24日、南海電鉄の駅で行う「Visaのタッチ決済」と「QRコード」を利用した入出場の実証実験について発表した。実施期間は2021年春から2021年末までを予定。

 本実証実験では大阪の難波エリアや関西国際空港、和歌山、世界遺産「高野山」を結ぶ南海電鉄の一部の駅へVisaのタッチ決済用改札機を設置。ユーザーが普段から利用しているVisaのタッチ決済機能を備えたクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードを入場時・出場時に改札機へかざすと、改札通過と運賃精算が可能となる。

 また、南海電鉄が提供するアプリまたは販売サイトで企画乗車券を事前に購入し、スマートフォンに表示されたQRコードを入場時・出場時に改札機へかざしても改札を通過できるようになる。設置駅などの詳細は実証実験開始前に発表する。

 Visaカードでの直接入出場を可能とすることで、アフターコロナを見据えた受入基盤の強化、利便性向上と接触頻度の低減、新たな販路拡大やデジタルチケットを活用したMaaS事業への展開を図るという。駅の改札でVisaのタッチ決済で入出場を可能とするのは国内初をうたう。

三井住友カード 実証実験イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう