ニュース
» 2021年03月04日 14時45分 公開

LINEMOが通話オプション料金を1年間割り引くキャンペーンを実施 準定額なら「無料」にahamoの値下げに対抗か

ソフトバンクが3月17日から提供する「LINEMO(ラインモ)」において、通話(準)定額オプションの月額料金を1年間500円引きするキャンペーンを発表した。NTTドコモが「ahamo(アハモ)」で通話準定額を維持しつつ値下げしたことへの対抗策と思われる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは3月17日から、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」において、「通話オプション割引キャンペーン」を実施する。このキャンペーンを適用すると、LINEMOのオプションサービス「通話準定額」(月額500円)または「通話定額」(月額1500円)の月額料金が1年間に渡り500円引きとなる。通話準定額であれば、1年間(契約から13カ月目まで)は無料で使える計算だ。

 なお、記事中の料金は、特記のない限り税別で記載する。

料金のイメージ キャンペーンを含めた場合の月額料金のイメージ

ahamoの「値下げ」への対抗策か

 LINEMO(発表当時は「SoftBank on LINE」)は当初、5分以内の国内通話定額(対象外の通話先あり)付きで月額2980円(税込み3278円)というNTTドコモの「ahamo(アハモ)」と横並びの料金設定だった。

 しかし、au(KDDIと沖縄セルラー電話)は「povo(ポヴォ)」において、通話(準)定額をオプション化することで月額2480円(税込み2728円)の料金を実現した。LINEMOはそれに対抗すべく、通話準定額を有料オプションとすることで月額2480円(税込み2728円)に値下げした。

 auやソフトバンクの動きに対し、ドコモは3月1日、ahamoの5分以内の国内通話定額は堅持しつつ、月額料金を2700円(税込み2970円)に値下げした。

 ソフトバンクが打ち出した今回のキャンペーンでは、先述の通り通話準定額を1年間無料で利用できる。これはドコモが打ち出したahamoの値下げに対抗する意図があるものと思われる。

LINEMO auのpovoに対抗すべく、LINEMOは国内通話準定額をオプション化し、月額料金を2480円に値下げしたが……
ドコモ ドコモがahamoで国内通話準定額を維持しつつ値下げを行ったため(画像)、それに対抗するためにキャンペーンを実施することになったものと思われる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう