今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2021年03月26日 18時30分 公開

南海電鉄16駅で「Visaのタッチ決済」の実証実験 4月3日から

三井住友カードらは、4月3日から南海電鉄16駅に専用改札機を設置して「Visaのタッチ決済」、QRコードによる「南海デジタルチケット」を用いた入出場の実証実験を開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 南海電気鉄道、三井住友カード、QUADRAC、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは、4月3日に「Visaのタッチ決済」とQRコードを利用した「南海デジタルチケット」での入出場の実証実験を開始する。期間は2021年12月12日まで。

 本実証実験ではVisaカードで鉄道を利用すること、デジタルチケットへの有効性を確認してMaaS事業への展開の可能性を検証。対象は難波(2F中央改札口、3F北改札口)、新今宮(4F)、天下茶屋、堺(東口)、泉大津、和歌山市、りんくうタウン、関西空港、堺東(西出口)、三国ヶ丘、金剛、河内長野、橋本、九度山、高野下、高野山の16駅と32改札。

Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 実施駅

 Visaのタッチ決済では 普段使用しているVisaカードで乗車区間の運賃をその都度決済。Visaのタッチ決済機能のあるカード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォン、ウェアラブル端末を入場時と出場時に専用改札機へかざすと、改札通過と運賃精算が行える仕組み。運賃の設定は大人運賃のみで、利用履歴は「Q-move」で会員登録手続きをすれば閲覧できる。

Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 専用改札機利用方法
Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 利用履歴確認方法

 南海デジタルチケットでは、南海アプリ上でチケットを事前購入し、スマートフォンに表示されたQRコードを入場時と出場時に専用改札機へかざせば改札を通過できる。実証実験期間中に複数種のデジタルチケットを試行する予定で、まずは9時以降の入場を条件とした「時差通勤応援きっぷ」を発売。5月〜7月に片道6回券・10回券・18回券の3種類を期間限定で提供し、最大3割引で利用可能となる。

Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 画面イメージ
Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 専用改札機利用方法
Visaのタッチ決済/南海デジタルチケット 時差通勤応援きっぷ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう