速報
» 2021年04月13日 13時36分 公開

Pixelシリーズに歩きスマホしていると注意する新機能「前方注意」

GoogleのAndroid受けスマートフォンの使いすぎ防止機能「Digital Wellbeing」に「Heads Up(日本では「前方注意」)」機能がロールアウトしている。有効にすると、屋外でスマートフォンを見ながら歩いている(=歩きスマホ)と、画面に警告が表示される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのAndroid向け“スマートフォンの使いすぎ防止機能”「Digital Wellbeing」に、スマートフォンの画面を見ながら歩くいわゆる「歩きスマホ」を続けていると画面に警告を表示する「Heads Up(日本では「前方注意」)」機能が追加された。4月12日付の米XDA Developerの記事によると、まずはPixelシリーズでDitigal Wellbeingのβ版を利用しているユーザーにロールアウトしているという。今のところGoogleからの正式発表はない。

 筆者の「Pixel 5」でも表示されるようになった。Digital Wellbeingを開いたところ、下左のような画面になり、トップ画面をスクロールすると「前方注意」という項目が新たに追加されていた。この項目をタップすると表示される画面(下右の画面)で前方注意を有効にできる。

 heads up 1

 有効にすると、屋外で歩きスマホをしていると、やめるよう促す通知が届く。位置情報も許可するかどうかはオプションで選べる。位置情報を選ぶことで、ユーザーが屋外を歩いているかどうかを判断するようだ。

 heads up 2

 Googleは、「前方注意機能の設定にかかわらず、常に気を配るようにしましょう」としている。

 heads up 3 Pokemon Goをしながら歩いていたら、叱られてしまった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう