ニュース
» 2021年05月17日 17時32分 公開

ドコモとソフトバンク、「AQUOS R6」を6月中旬以降に発売

NTTドコモとソフトバンクが、2021年6月中旬以降にシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R6」を発売する。AQUOS R6は、ライカ(Leica)と共同開発した1型センサーのカメラを搭載。ディスプレイは、有機ELにIGZOを取り入れた6.6型のPro IGZO OLEDを搭載している。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモとソフトバンクが、2021年6月中旬以降にシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R6」を発売する。カラーは両キャリアともブラックとホワイトの2色。

AQUOS R6 ドコモ向け「AQUOS R6 SH-51B」
AQUOS R6 ソフトバンク向け「AQUOS R6」

 AQUOS R6は、ライカ(Leica)と共同開発した1型センサーのカメラを搭載しており、センサー選定からレンズ設計、画質調整までをライカが監修している。7枚構成のライカ「Summicron」レンズを採用しており、ゆがみが少なく解像感の高い写真を撮れるとしている。デジタルズーム時の画質劣化を抑えられるよう、シャープ独自のAI超解像技術も採用した。

 ディスプレイは、有機ELにIGZOを取り入れた6.6型のPro IGZO OLEDを搭載しており、表示内容に応じてリフレッシュレートを1Hz〜240Hzに自動で調整できる。5000mAhのバッテリーやディスプレイ内蔵指紋センサーも備えている。

 OSはAndroid 11をプリインストール。プロセッサはSnapdragon 888、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは128GBとなっている。IP68の防水とおサイフケータイには対応するが、ワンセグ/フルセグには対応しない。5GはSub-6のバンドを利用でき、ミリ波には対応しない。ドコモ向けSH-51Bの5Gでの通信速度は下り最大4.2Gbps、上り最大218Mbps。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう