世界を変える5G
ニュース
» 2021年05月19日 11時00分 公開

NTTドコモが2021年夏商戦向け新モデルを発表 5Gスマホを中心に4Gスマホと5Gルーターも用意

NTTドコモが、2021年夏商戦向けの新型端末を発表した。先行して発表/発売されたものを含めると、総勢9(10)機種を取りそろえている。【更新】

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは5月18日、2021年夏商戦向けの新端末を発表した。先行発表されているものを含めて、ハイスペック5Gスマートフォンは4(5)機種、スタンダード5Gスマホは2機種、4G(LTE)スマホは2機種、5Gルーターは2機種用意する。

集合

【更新:19時】写真と文章を追加しました

ハイスペック5Gスマートフォン

 ハイエンド5Gスマホは、以下の4(5)機種が登場する。「Galaxy S21 5G Olympic Edition SC-51B」以外の4機種は既に発売/発表済みだ。

 これらの機種のうち、Galaxy S21 Ultra 5GとXperia 1 IIIの2機種がミリ波(28GHz帯)の5Gエリアにも対応する。その他の2(3)機種はSub-6(3.7GHz/4.5GHz帯)の5Gエリアにのみ対応する。

ハイエンド ハイエンドスマホのラインアップ。左からGalaxy S21 5G、Galaxy S21 Ultra 5G、Xperia 1 III、AQUOS R6
Olympic ドコモオンラインショップ限定販売のGalaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B

ミドルレンジ5Gスマートフォン

 ミドルレンジ5Gスマホは、以下の2機種が登場する。「Xperia 10 III SO-52B」は発表済みだ。いずれもSub-6の5Gエリアに対応する。

ミドルレンジスマホのラインアップ ミドルレンジ機種のラインアップ。左からXperia 10 III、Galaxy A52 5G

4Gスマートフォン

 初心者や端末価格を重視するユーザーを中心にニーズがあるということから、4Gスマホにも新機種が投入される。ラインアップは以下の2機種だ。

4Gスマホ 4Gスマホのラインアップ。左からarrows Be4 Plus、Xperia Ace II

5Gルーター

 5Gルーターは以下の2機種が新たに投入される。

 home 5G HR01は、ドコモとしては初めての据え置きタイプのホームルーターで、固定通信の代替を狙った5G通信サービス「home 5G」の専用端末となる。

ルーター モバイルタイプのWi-Fi STATION SH-52B(左)と、home 5G専用の5Gホームルーターであるhome 5G HR01(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー