世界を変える5G
ニュース
» 2021年05月20日 16時46分 公開

Qualcommが「Snapdragon 778G 5G」発表 Snapdragon X65のレファレンスデザインやSA対応も

Qualcommが、5Gスマートフォン向けの新プロセッサ「Snapdragon 778G 5G」を発表した。AI、CPU、グラフィックスの性能がSnapdragon 768Gから向上。5Gモデム「Snapdragon X65/X62」を搭載したレファレンスデザインも発表した。

[田中聡,ITmedia]

 米Qualcommが5月19日(現地時間)、5Gスマートフォン向けの新プロセッサ「Snapdragon 778G 5G」を発表した。

Snapdragon 778G 5G
Snapdragon 778G 5G 5Gスマートフォン向けのプロセッサ「Snapdragon 778G 5G」

 Snapdragon 778G 5Gでは3つのISP(Image Signal Processor)によって、広角、超広角、望遠のカメラで同時に22メガピクセルの撮影が可能。4K HDR10+の動画撮影もサポートしている。

 6世代目のAIエンジンとして「Hexagon 770」を搭載しており、Snapdragon 768Gと比べて処理性能が2倍向上している。AIがバックグラウンドのノイズを抑えることで、通話品質が向上するとしている。

 Variable Rate Shading(VRS:可変レートシェーディング)と、応答時間を20%短くするQualcomm Game Quick Touchを含む「Snapdragon Elite Gaming」の一部機能に対応し、Snapdragon 768Gからグラフィックスレンダリング性能が最大40%向上している。

 Kryo 670 CPUはSnapdragon 768Gから最大40%性能が向上している。5G通信はSub-6とミリ波の両方に対応し、下り速度は最大3.7Gbps。Wi-Fi 6やBluetooth 5.2もサポートする。

 Snapdragon 778Gを搭載した商用機は、2021年度第2四半期に発売される見込みで、Honor、iQOO、Motorola、OPPO、Realme、Xiaomiのスマートフォンに搭載される予定。

 あわせて、2021年2月に発表した5Gモデム「Snapdragon X65/X62」を搭載したレファレンスデザイン(設計図)を、OEM(他社ブランド製品の製造元)向けに提供することも発表。X65は10Gbpsの速度を実現し、レファレンスデザインによってOEMは高性能な5G製品を短期間で製造できるとしている。

Snapdragon X65 5Gモデム「Snapdragon X65」を搭載したレファレンスデザイン

 このSnapdragon X65について、ミリ波の拡張機能と電力効率向上も発表した。

 ミリ波の新機能として、200Mz幅のバンドとSA(スタンドアロン)をサポートする。Qualcomm 5G PowerSave 2.0の新しい省電力技術により、パフォーマンス向上とバッテリーの長寿命化も両立させた。具体的には、電力効率を向上させる技術「Release 16 UE-Assisted Information(UAI)」がネットワークリソースを最適化することで、端末と基地局がキャリア数、帯域幅、レイヤー数、熱の状況などの接続パラメーターを動的に管理するという。

 Snapdragon X65搭載の商用機は、2021年度末までに発売される見込み。

Snapdragon X65 日本でも2021年度に導入予定の5GのSAをサポートする「Snapdragon X65」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー