ニュース
» 2021年06月09日 15時55分 公開

Y!mobileの「シンプルS/M/L」がデータ容量の翌月繰り越しに対応(上限あり) 8月から開始予定UQ mobileへの対抗か

Y!mobileの現行プラン「シンプル」シリーズが、8月をめどにデータ容量の翌月繰り越しに対応する。UQ mobileの「くりこしプラン」への対抗措置と思われるが、詳しい提供条件については改めて発表される予定だ。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は、8月をめどにY!mobileブランドで提供している料金プラン「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」の内容を改訂する。各プランで使い切れなかったデータ通信容量を翌月まで繰り越し利用できるようにする一方で、「データ増量オプション」(月額550円、初回契約から12カ月間は無料)で追加されるデータ通信容量を引き上げる。

 これらの措置は、KDDIと沖縄セルラー電話がUQ mobileブランドで提供している「くりこしプラン」への対抗であると思われる。

イメージ図 シンプルM契約時のイメージ図

データくりこしの概要

 余ったデータ通信量の繰り越しは「データくりこし」という名称で提供される。繰り越し対象となるデータ通信量は以下の通り。

  • 規定容量(プランに付帯するデータ通信容量)
  • データ増量オプションで追加付与された容量

 繰り越すデータ容量が発生した場合、翌月は繰り越されたデータ容量が最優先で消費される。翌々月までは繰り越せないので注意が必要だ。

 なお、繰り越せるデータ通信容量には上限がある。ただし、発表日(6月9日)時点では上限容量は決まっていない。後日、具体的なサービス提供開始日と合わせて特設Webサイトで発表するという。

データ増量オプションによる追加容量の変更

 データ増量オプションによる追加(付与)容量は、以下の通り変更される。なお、既に加入中のユーザーについては改定日以降に順次、新しい容量が付与されるようになる。

  • シンプルS:1GB→2GB(規定容量と合わせて5GBに)
  • シンプルM:3GB→5GB(規定容量と合わせて20GBに)
  • シンプルL:3GB→5GB(規定容量と合わせて30GBに)
データ増量オプション データ増量オプションの付与容量は1GB〜2GB増える。こちらもデータくりこしの対象となる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう