ニュース
» 2021年06月28日 17時33分 公開

携帯各社、企業のSMS番号を共通化 双方向コミュニケーションが容易に

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは、個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号の共通化を発表。6月28日から順次提供し、楽天モバイルも本共通化への参画を検討するという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは、6月28日に個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号の共通化について発表した。

NTTドコモ/KDDI/ソフトバンク 個人ユーザーが企業とSMSを送受信するために利用する番号を共通化

 これまで個人ユーザーと企業がSMSを送受信する際、企業側は3社で個別の番号を用意する必要があった。そのためSMSの番号が同じ企業で異なっており、各社の番号を個人ユーザーに案内する必要があるなど、双方向のコミュニケーションツールとしての使いづらさが課題となっていた。

 本共通化ではSMSを送受信するために必要な番号を企業単位で発行し、1つの共通番号で個人ユーザーと企業のSMS送受信が可能になる。荷物配達前のSMS通知や不在時の再配達の依頼など、SMSで完結する双方向のコミュニケーションが容易になる。

 NTTドコモとKDDIは6月28日から、ソフトバンクは10月以降の提供を予定。また、楽天モバイルも本共通化への参画を検討するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう