ニュース
» 2021年09月15日 02時31分 公開

第9世代の「iPad」登場 A13 Bionic搭載、インカメラはセンターフレームに対応

Appleが第9世代の「iPad」を発表した。プロセッサはA13 Bionicを搭載しており、先代のA12 Bionicからパフォーマンスが2倍向上した。インカメラは機械学習を活用したセンターフレームに対応する。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが9月14日(現地時間)、スペシャルイベントで第9世代の「iPad」を発表、9月24日に世界各国で発売する。カラーはスペースグレイとシルバーの2色で展開する。価格は64GBのWi-Fiモデルが3万9800円、Wi-Fi+Cellularモデルが5万6800円、256GBのWi-Fiモデルが5万7800円、Wi-Fi+Cellularモデルが7万4800円。OSはiPadOS 15をプリインストールしている。

iPad 第9世代の「iPad」

 プロセッサはA13 Bionicを搭載しており、先代のA12 Bionicと比較して、CPUやGPUのパフォーマンスが20%向上した。Neural Engineで機械学習が向上したことで、iPadOS 15の新機能である、カメラが捉えた文字を認識する「テキスト認識表示」が利用可能になる。

 10.2型のRetinaディスプレイは、環境光に応じて明るさや色温度を自動調整する「True Tone」に対応。ストレージの最低容量は先代の32GBから64GBに倍増した。周辺機器として、第1世代のApple PencilやSmart Keyboardを利用できる。

iPad Apple PencilやSmart Keyboardを利用できる

 前面に搭載した1200万画素のTrueDepthカメラは超広角カメラに進化。機械学習を活用したセンターフレームに対応し、被写体が動くとフレームから外れないよう調整してくれる。またFaceTimeやZoomなどのビデオ会議アプリなどで参加者が加わると、全員が画面に収まるよう画角を調整する。

iPad 全面に1200万画素の超広角カメラを搭載
iPad iPadの主な特徴
iPad マルチウィンドウによる操作が可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー