調査リポート
» 2021年12月14日 12時30分 公開

iPhoneの利用率は45.7%、10〜20代では6割以上がiPhoneに――MMD研究所がスマホのOSシェア調査を実施

MMD研究所が「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。メイン利用しているスマートフォンはiPhone(iOS)が45.7%、Androidが47.0%とAndroidの方が僅差で上回ったが、年代別で見ると10〜20代は男女共にiPhoneの利用率がAndroidの利用率を上回っているという。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は12月14日、「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」の結果を発表した。この調査はスマートフォンを所有する18歳〜69歳の男女3万6006人を対象に、11月15日から17日までの期間に実施された。

全体シェアでは「Android」の方が上だが……

 現在メインで利用しているスマートフォンを尋ねた所、「iPhone」が45.7%、「Android」が47.0%、「その他のスマートフォン」が2.2%、「わからない」が5.0%となった。2019年の調査と比較すると、iPhoneは3.2ポイント増、Androidは3.2ポイント減となった。

MMD研究所 現在メインで利用しているスマートフォンのOS
MMD研究所 現在メインで利用しているスマートフォンのOS(2019年比較)

 年代別にみると、iPhoneは10代女性(561人)が最も多く82.4%、次いで20代女性(2861人)が76.5%、10代男性(582人)が69.5%、20代男性(2983人)が62.2%となった。Androidは、60代男性(3430人)最も多く58.9%、次いで40代男性(4146人)が55.6%、60代女性(3571人)が55.0%、50代男性(3564人)が54.4%となった。

MMD研究所 現在メインで利用しているスマートフォンのOS(性年代別)

 iPhoneユーザー1万6453人と、Androidユーザー1万6929人へ現在メイン利用しているスマートフォンのシリーズを聞いた。iPhoneユーザーは「iPhone SE(第2世代)」が17.8%、「iPhone 7以前のiPhone」が14.1%、「iPhone 8/iPhone 8 Plus」が13.9%で、Androidユーザーはメーカーシリーズ別で聞くと「AQUOSシリーズ」が30.6%、次いで「Xperiaシリーズ」が23.5%、「Galaxyシリーズ」が14.3%となった。

MMD研究所 現在メイン利用しているスマートフォンのシリーズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年