Apple、ユーザーがiPhoneを修理できるプログラムを米国で開始

» 2022年04月28日 10時50分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 米Appleは4月27日(現地時間)、ユーザー自身でApple製品を修理できるセルフサービス修理プログラムの提供を始めたと発表した。

Apple Self Service Repair iPhone 12 iPhone 13 iPhone SE セルフサービス修理のイメージ

 これはAppleが2021年11月17日に予告していたもの。電子機器の修理に関する知識と経験を持つ技術者であれば、Appleの認定修理業者が扱うものと同じ200以上の部品を使い、Appleが公開した修理マニュアルに従って、ディスプレイ、バッテリー、カメラなどを修理できる。修理に必要な部品とツールは「Apple Self Service Repair Store」で購入できるが、1週間49ドル(約6300円)の修理ツールレンタルキットも利用できる。

 まずは米国でApple Self Service Repair Storeを通じて提供され、2022年後半にヨーロッパをはじめとする他の国にも拡大される予定だ。

 サービス開始当初の対象機種は下記のiPhoneとなっているが、将来的にはM1プロセッサ搭載のMacも追加される。

  • iPhone SE(第3世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
Apple Self Service Repair iPhone 12 iPhone 13 iPhone SE 対象機種
Apple Self Service Repair iPhone 12 iPhone 13 iPhone SE iPhone 13 Proの修理に必要なツールの一部
Apple Self Service Repair iPhone 12 iPhone 13 iPhone SE 修理マニュアルには注意書きや修理手順が丁寧に記載されている

 なお、このような電子機器の修理は専門知識や純正パーツを持つプロの修理業者に任せたほうがもっとも安全であるとAppleは説明しているが、修理の手段を拡大するための取り組みの一環として、新たにセルフサービス修理プログラムを提供するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー