予想以上に優秀だった「Pixel 6a」のカメラ 望遠カメラを除けばPixel 6 Proと遜色なし荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/4 ページ)

» 2022年08月29日 06時00分 公開
[荻窪圭ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
Google Pixel 6a Google Pixel 6シリーズの廉価版が6aなのだが、シンプルで角の丸いボディーが優しい感じがしてよい

 「Google Pixel」シリーズってもうちょっとメジャーになってもいいと思うのだけど、なかなかそうはなってないのは、ドコモが扱ってないからなのか、見た目がいまひとつ地味だからなのか。

 もちろんその筋での評判はいいけど、もうちょっと世間でも普通に評価されていいと思うのだ。

 Pixelは秋に最新モデルが登場し、その翌年に廉価モデル、次の秋には最新モデルというパターンになりつつあるので、最新モデルのPixel 6aは昨秋に出たPixel 6の廉価モデルという扱いになるのだけれど、普通の人が普通に使う分にはすごくいいバランスだと思う。ここではカメラ機能・性能の話しかしないけど、「迷ったらこれ!」的な端末だと思う。

Pixel 6 Proと撮り比べてみよう

 Pixel 6aはシンプルなデュアルカメラのスマホ。2021年秋に出たPixel 6シリーズと同様、カメラ部が横長の黒いバーになっていてレンズがどこにあるのか分かりづらいけど、おかげでシリーズの統一感が出ている。

 では「Pixel 6 Pro」とその約半分の価格であるPixel 6aのカメラ性能の差はどのくらいあるのか。最初はそこをチェックだ。

 まずは見た目。Pixel 6 Proの方がデカいのは当然として、ここではカメラ部の違いだけを見る。一目で分かるのはカメラの数。Pixel 6 Proは3つ目のカメラ(望遠カメラ)があるけど、Pixel 6aは2つ。

Google Pixel 6a 下に敷かれているのがPixel 6 Pro。大きなカメラ(広角)、小さなカメラ(超広角)、四角いカメラ(望遠)の3つが並んでいる。上に置いたのがPixel 6a。超広角と広角の2つとシンプルだ

 望遠カメラはPixel 6aにないので無視するとして、残り2つは超広角と広角カメラである。違いがあるのは広角カメラ。Pixel 6 Proは5000万画素(もはやおなじみの4画素を1つにして出力するので実質は約1250万画素)のクアッドベイヤーのセンサー。AF用のLDAFセンサーを持っている。レンズのF値はF1.9。

 Pixel 6aはリアルに約1200万画素で、AFはデュアルピクセルを使った像面位相差AFだ。レンズのF値はF1.7。

 センサーのサイズもPixel 6 Proの方が一回り大きくAFの方式もちょっと違う。Pixel 6 Proの方がワンランク上のカメラユニットを積んでいるのだ。

 では実際の写りにどのくらいの差があるか見てみよう。Pixel 6 Proは35mm判換算で24mm相当、Pixel 6aは27mm相当と画角がちょっと違うので、その辺も念頭に置いて。

Google Pixel 6a Pixel 6a。今どきのスマホカメラとしてはちょっと画角が狭くて27mm相当。発色や色の良さはさすが。ディテールの描写もよし
Google Pixel 6a Pixel 6 Pro。Pixel 6aとの画質の差はない

 違いはほぼないのである。さらに2xズームにしてみよう。

 Pixel 6a、かなり優秀である。

Google Pixel 6a Pixel 6a。2倍ズームでも十二分のクオリティーだ
Google Pixel 6a Pixel 6 Pro。もうちょっと差は出るかなと思ったけど、そこまでは出なかったのだった

 超広角カメラはレンズも含めてPixel 6 ProもPixel 6aも同じようだ(ついでにいえばPixel 6も同じ)。だからこちらは写りも同じだ。優秀である。ただ、広角カメラと出力画素数を合わせるためか、Pixel 6 Proは約1250万画素のサイズで出力される。

Google Pixel 6a Pixel 6a。超広角カメラ。4032×3024ピクセル
Google Pixel 6a Pixel 6 Pro。4080×3072ピクセルとちょっと大きい

 続いて最もよく撮られる被写体の1つ、人を撮ってみよう。Pixel 6 Proの方がちょっと広角で、イメージセンサーが大きい分背景のボケも大きいが、どっちがいいって差が出るレベルじゃない。

Google Pixel 6a Pixel 6aで人物。背景のボケの大きさがほんのちょっと違う(センサーサイズの違いが大きいか)
Google Pixel 6a Pixel 6 Proで人物。背景のボケはちょっと違うがそれ以外はほぼ同じ

 屋外の明るい場所、つまり条件がいいときの画質は気になるレベルじゃない。じゃあ室内のようなちょっと暗い場所ではどうか。

 同じような写真を並べるのもアレなので等倍表示したものを2つ並べて比べやすいようにしてみた。変わらないではないか。

Google Pixel 6a 室内でケーキを撮り比べ。明るくない場所ではPixel 6 Proが有利かなと思ったけど、結果は見ての通り。ほとんど差は出なかった

 つまり、望遠カメラを持ってないとかセンサーサイズがちょっと小さいとかあるけれども、実際に使ってみると、それほど差がないのだ。これ、Pixel 6aが予想以上に優秀(というか、Googleのコンピュテーショナルフォトグラフィーが優秀)ってことだと思う。

 ちなみにカメラアプリが持つ撮影機能に関してはちょっと差がある。Pixel 6 Proが持つ「モーション」モード(中にはアクションパンと長時間露光の2つがある)がPixel 6aには搭載されていないが、これらはある種実験的な撮影機能であり、必要かというとたぶん99%の人はなくても困らないわけで、Pixel 6aはその価格(Googleストアで税込み5万3900円)を考えるとめちゃ優秀であるといっていい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  2. カラー電子ペーパー搭載「BOOX Go Color 7」で読書体験が超快適に テキスト主体なら文句なし (2024年07月12日)
  3. Suicaがなくてもスマホで乗れる! JR東日本が二次元コード乗車サービス「えきねっとQチケ」を10月1日から運用開始 東北地区から順次拡大 (2024年07月11日)
  4. 進化した「OPPO Reno11 A」が4万円台を維持できたワケ Reno9 Aでガッカリした3つのポイントを重点強化 (2024年07月11日)
  5. 「iPhone 14 Plus」の128GB、Apple Storeより2.5万円安くなる Amazonで10万円以下となるも、悩みのタネ (2024年07月11日)
  6. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold6」、日本で7月31日に発売 面倒な作業はAI任せ、先代より薄型かつ軽量に (2024年07月10日)
  7. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  8. 「Galaxy Z Flip6/Z Fold6」もdocomoロゴなし 背面の“共通・シンプル化”が進む (2024年07月11日)
  9. 「Galaxy Tab A9+」が2万円台、「Galaxy Watch6」もお買い得【Amazonプライムデー】 (2024年07月11日)
  10. ゲオ限定「完全ワイヤレスイヤホン CYBER」発売 ケース開閉時に音と光のギミックが発動 (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー