「AQUOS R8」発表 ライカ監修カメラやSnapdragon 8 Gen2搭載、気軽に使えるハイエンドモデル

» 2023年05月09日 10時00分 公開
[田中聡ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 シャープが、スマートフォンAQUOSの新モデル「AQUOS R8」を発表。NTTドコモから2023年7月下旬以降に発売される。

AQUOS R8 シャープの新ハイエンドモデル「AQUOS R8」

 同社は2023年夏商戦向けに、AQUOS R8と「AQUOS R8 pro」という2つのハイエンドモデルを投入する。AQUOS R8 proが先代「AQUOS R7」の純粋な後継機であるのに対し、AQUOS R8はproよりはややスペックを落としたモデルとなる。カラーバリエーションはクリームとブルーの2色展開。

AQUOS R8 クリーム
AQUOS R8 ブルー

 AQUOS R8では、よりカジュアルにハイエンドスマホを使えるよう、必要十分な機能と気軽に使える仕様を追求した。プロセッサはSnapdragon 8 Gen2、メインメモリは8GB、内蔵ストレージは256GBを備える。ディスプレイは6.4型のフルHD+(1080×2340ピクセル)のPro IGZO OLEDを搭載しており、リフレッシュレートは1〜240Hzの可変駆動に対応している。AQUOS R7比でブルーライトを約50%低減できているのも特徴だ。

AQUOS R8 時短ニーズを満たす「効率型ハイエンド」というコンセプトを持つ
AQUOS R8 Snapdragon 8 Gen2、USF4.0・LPDDR5x対応メモリを搭載して素早いレスポンスにもこだわった

 アウトカメラは有効約5030万画素の広角カメラと、有効約1300万画素の超広角カメラで構成される。AQUOS R8 proと同様、ライカが監修しているが、広角カメラのセンサーは「AQUOS sense7」と同じ1/1.55型で、レンズは「Hektor(ヘクトール)」を採用している。AQUOS R7から40%高速化したというHDR撮影や、素早くピントを合わせられる全面位相差AFにも対応している。

AQUOS R8 ライカ監修のカメラを背面に搭載する
AQUOS R8 ハイエンドスマホとして必要十分なスペックを満たしている

 気軽に使えるよう、手に取りやすいサイズと重さ、耐衝撃性も重視した。まず、画面サイズを、現行スマホでは携帯性と大画面のちょうど中間点に位置する6.4型とした。さらに、バッテリー容量をAQUOS R8 proよりも小さな4570mAhに抑え、背面パネルをAQUOS R7比で52%軽量化することで、6.4型では通常180g〜190gするところ、170g台の軽さを実現した。さらに、ハイエンドAQUOSでは初となる、米国国防省が定めるMIL規格(MIL-STD-810G)の耐衝撃性能も確保している。AQUOS R8 proと同様、カメラリングを経由して熱を逃がす独自の放熱設計も採用した。

AQUOS R8 携帯性と大画面のバランスを重視して6.4型ディスプレイを採用
AQUOS R8 170g台という軽量ボディーも実現した
AQUOS R8 耐衝撃性能の証であるMILスペックにも対応する

 IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、おサイフケータイ/NFCにも対応する。生体認証はマスク対応の顔認証と電源キー一体型の指紋認証を利用できる。SIMはnanoSIMとeSIMのDSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)をサポートしている。OSはAndroid 13をプリインストールしており、最大3回のOSバージョンアップと最大5年のセキュリティアップデートを保証する。

AQUOS R8 AQUOS R8の主な特徴
AQUOS R8
AQUOS R8
AQUOS R8
AQUOS R8
AQUOS R8

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月15日 更新
  1. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  2. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  3. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
  4. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  5. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  6. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  7. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  8. PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、9月以降に2自治体で最大20%還元 (2024年07月12日)
  9. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  10. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー