UQ mobileの新料金プラン発表 月額3278円で20GB+10分かけ放題「コミコミプラン」など3種類

» 2023年05月22日 14時00分 公開
[田中聡ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 KDDIが5月22日、「UQ mobile」向けに3つの新料金プラン「コミコミプラン」「トクトクプラン」「ミニミニプラン」を発表。6月1日から提供する。

20GB+10分かけ放題の「コミコミプラン」

 コミコミプランは、月額3278円(税込み、以下同)で20GBのデータ通信と1回10分以内の通話かけ放題がセットになった中容量プラン。割引の条件はなく、誰でも同じ基本料金で利用できる。月間のデータ容量が20GBを超過した場合は1Mbpsに制限され、余ったデータ容量は翌月に繰り越せる。月額550円の「増量オプションII」を利用すれば、5GBが追加されて計25GBとなる。

 さらに、「電話きほんパック(V)」に含まれる「お留守番サービスEX」「三者通話サービス」「迷惑電話撃退サービス」「割込通話サービス」を無料で利用できる。

UQ mobile 中容量+かけ放題付きの「コミコミプラン」

15GBまで、セット割ありの「トクトクプラン」

 トクトクプランは、月額3465円で15GBのデータ通信を利用できるプラン。通話定額は含まれていないので、そのままだとコミコミプランよりも高いが、月間のデータ容量が1GB以下だと1188円が引かれて2277円になる。

 さらに、「自宅セット割」と「家族セット割」の対象となっている。自宅セット割はこれまで提供しているものと同じで、対象のインターネットサービスやでんきサービスに加入すると、月額1100円が割り引かれる。家族セット割は今回から追加したもので、UQ mobileを利用している家族全員から月額550円を割り引く。

 au PAY カードお支払い割に対象にもなっており、月額187円が割り引かれる。au PAY カードお支払い割と自宅セット割を適用した場合、1GB未満だと月額990円、1GB超〜15GBは月額2178円になる。au PAY カードお支払い割と家族セット割を適用した場合、1GB未満だと月額1540円、1GB超〜15GBは月額2728円になる。

 月間のデータ容量が20GBを超過した場合は1Mbpsに制限され、余ったデータ容量は翌月に繰り越せる。月額550円の「増量オプションII」を利用すれば、5GBが追加されて計最大20GBとなる。

UQ mobile 低用量〜中容量の「トクトクプラン」

4GBまでの低容量「ミニミニプラン」

 ミニミニプランは、月額2365円で4GBのデータ通信が利用できる小容量プラン。au PAY カードお支払い割、自宅セット割、家族セット割の対象。au PAY カードお支払い割と自宅セット割を適用すると月額1078円、au PAY カードお支払い割と家族セット割を適用すると月額1628円になる。

 月間のデータ容量が4GBを超過すると300kbpsに制限され、余ったデータ容量は翌月に繰り越せる。月額550円の「増量オプションII」を利用すれば、2GBが追加されて計6GBとなる。

UQ mobile 小容量の「ミニミニプラン」

「くりこしプラン +5G」は新規受付停止

 現在提供している「くりこしプラン +5G」は、2023年5月31日で新規受付を終了する。既存のユーザーはそのまま利用を継続できる。

キャンペーン

 コミコミプランやトクトクプランに加入すると、「Amazonプライム」を3カ月無料で利用できるキャンペーンを実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー